HTC Desire(X06HT)、激安価格! 実質負担額10,000円切り。ドスパラでは9,120円!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクが4月下旬に発売を予定しているAndroid OS 2.1搭載スマートフォン「HTC Desire」(X06HT)の実勢価格帯が明らかになりつつある。

パソコン本体・パーツショップとして有名なドスパラは2日、同社の全国店舗でHTC Desireの予約を受付開始したことを発表した。同時に、端末の実質負担額が9,120円になることも明かしている(条件付。後述)。

端末購入サポート等を適用しての実売価格がおよそ3万円台後半にあるNTTドコモ向けスマートフォン「Xperia」と比べると非常に大きな価格差が生じた格好になる。


ご存知ない方のために改めておさらいすると、HTC Desireの特徴は下記の通りだ。
詳細はこちらの記事で確認していただける。

・CPU:Snapdragon 1GHz
・OS:Android OS 2.1
・ディスプレイ:3.7インチ有機ELディスプレイ(解像度:800x400)
・カメラ:背面カメラ。5メガピクセル
・外部メモリー:microSDカードスロット(最大32GB)(*本体には2GBのカードが付属)
・Bluetooth:2.1
・操作システム:マルチタッチ対応。光学ポインタ搭載。
・UI:Androidに独自のHTC Sense UIを追加。
・Googleマルチアカウント対応
・Flash Lite 4.0搭載

スペック上はXperiaを上回っているのでその意味でも関心を持たれている端末だ。しかも安い。

ソフトバンクの回線の弱さを懸念している方も多いと思うが、欠点を補うほどの価格戦略といってもいいかもしれない。発表当初は実質負担額は12,000円~20,000円前後と予想されていたが、もっと強気な値段できたようだ。おそらくドスパラ以外のショップでも同程度の価格帯になるだろう。

なお、ドスパラの金額は同社が指定するパケット定額サービスへの加入が条件となっている。また、同社の提示する「実質負担額」は本体価格と月月割(上限)の差額を意味している。具体的な縛りの詳細はわからないが、いずれにしてもかなり安い値段で入手できることは間違いなさそうだ。

情報元:ドスパラ/ニュース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑