Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

アプリの展示会「APPS JAPAN 2022」(アプリジャパン)が6月15日に開催!幕張メッセとオンラインの2フェーズ

毎年春から初夏にかけての時期に「Interop Tokyo」「DSJ」(デジタルサイネージ ジャパン)と併催されるアプリ専用の展示会「APPS JAPAN」(アプリジャパン)が今年も開催される。主催のナノオプト・メディアが「APPS JAPAN 2022」の公式サイトを公開し、参加登録の受付を開始している。

「APPS JAPAN 2022」が2022年6月15日より開催へ
<▲画像:「APPS JAPAN 2022」が2022年6月15日より開催へ>

今年も依然としてコロナ禍ということもあり、リアルとオンラインのハイブリッド形式を採用。リアルイベントは千葉県の幕張メッセにて6月15日(水)から17日(金)の3日間の会期で開催される。このリアルイベントを「フェーズ01」と題し、続く「フェーズ02」にてオンライン開催を6月20日(月)から7月1日(金)の会期にて実施する。

公式サイトで事前登録しておけば基本的に無料参加できるので、関心がある方は忘れずに登録しておこう。当日参加の場合には5,000円(税込、以下同)の参加費が発生するので注意して欲しい。

APPS JAPAN 2022公式サイト

基調講演も含めて基本的には事前登録によって無料参加できるが、幕張メッセの「国際会議場1F」で開催される「Interop Tokyo カンファレンス」に関しては別途登録が必要な上、有料となっている。

さて、そのAPPS JAPANだが、様々なアプリを一度に確認でき、アプリビジネスの拡大を促す機会を提供するイベントだ。

スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、デジタルサイネージ、ウェアラブル端末など、ネットに繋がる様々なデバイスで活用されるアプリが展示/紹介される。また、アプリそのものだけでなく、開発やビジネスに関する各種サービス、デバイスなども登場するなど、多くの業種の方の関心を引くであろう展示会となっている。

イベント開催日はまだ2カ月以上先ということもあり、まだ出展の申込も間に合う。

また、APPS JAPAN 2022は、「Interop Tokyo 2022」「DSJ2022」と併催されるイベントであり、各会場の行き来も自由。現地ではInterop Tokyo 2022、DSJ2022も含めて出展企業や講演内容を見て回ることをお勧めしたい。

今やアプリ/Webサービスは多岐に渡る分野、業種で活用されていることもあり、Interop Tokyo 2022やDSJ2022にもアプリ関連の展示は例年多い。併催イベントも含めてトータルで見所満載なので、当日は余分に時間を確保しておいた方が良いと思う。

基調講演も興味深いラインナップになりそうだ。全てのセッションのスケジュールはまだ固まっていないが、すでにかなり公開されているので、公式サイトの講演ページにて確認して欲しい。

非常に幅広い企業・団体からスピーカーが集まり、様々なテーマのセッションが用意されている。人気のセッションは早めの予約が必須だ。

GAPSISでは昨年に引き続きAPPS JAPANのメディアスポンサーを務めることもあり、今後も新しい情報が届き次第お伝えしていく予定だ。


APPS JAPAN 2022 開催概要

フェーズ01

  • 展示会/展示会場内セミナー
    • 会場:国際展示場ホール4~6
    • 参加費用:無料
    • 会期:2022年6月15日(水)~17日(金)
    • ※15日、16日は10時~18時、17日は10時~17時
  • 基調講演
    • 会場:国際会議場2F
    • 参加費用:無料
    • 会期:2022年6月15日(水)~17日(金)
    • ※15日は9時30分~(開場9時15分)、16日は9時30分~、17日は9時30分~
  • Interop Tokyo カンファレンス
    • 会場:国際会議場1F
    • 参加費用:有料
    • 会期:2022年6月15日(水)~17日(金)
    • ※参加には別途ご登録が必要。

フェーズ02

  • 会期:2022年6月20日(月)~7月1日(金)
  • 形式:オンライン開催
  • 参加費用:無料

情報元、参考リンク
APPS JAPAN(アプリジャパン2022)公式サイト
Interop Tokyo 2022公式サイト
DSJ2022公式サイト

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件