Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ワイモバイルで「Xperia 10 III」が発売!5G対応・長寿命バッテリー、手頃なサイズが魅力のスマホ

ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia 10 III」の「Y!mobile(ワイモバイル)」での販売が2日に開始となった。Xperia 10 IIIは通信キャリアではNTTドコモ(以下、ドコモ)とau(KDDI/沖縄セルラー)も扱うが、両キャリアでは6月18日に発売済み。

<▲図:「Xperia 10 III」>

3キャリアが扱うXperia 10 IIIだが、実はカラーによってはキャリアが限定される。基本カラーは4色で、これは3キャリア共通。しかし、イエローのみドコモ限定、しかもドコモオンラインショップ限定となっている。

基本カラーはブルー、ブラック、ホワイト、ピンク。イエローをどうしても望む場合にはドコモオンラインショップでの購入となるが、それ以外のカラーについては3キャリアいずれでも構わない。

価格はワイモバイルオンラインストアの場合には定価は54,000円(税込、以下同)だが、他社からの乗り換え(MNP)もしくは通常の新規契約の場合には18,000円の割引、ワイモバイルユーザーによる機種変更の場合には7,200円割引、ソフトバンク及び「LINEMO」もしくはMVNOのソフトバンク回線からの乗り換えの場合には割引無し、となっている。

ワイモバイルユーザーの機種変更でも7,200円割引は受けられるので、多少お得だし、新規契約や他社からの乗り換えの場合には18,000円引きなので、より出費を抑えられる。

特に18,000円割引で考えると36,000円ということになり、一気にコストパフォーマンスが向上する。

Xperia 10 IIIの基本スペック自体は、OSがAndroid 11、ディスプレイが6.0インチサイズで解像度が2,520 x 1,080ドットの有機ELで、CPUはQualcomm Snapdragon 690 5G、メモリは6GB、ストレージは128GB、バッテリー容量は4,500mAh、本体サイズは約154 x 68 x 8.3mm、重さは約169gといったもの。

防水・防塵や「おサイフケータイ」対応、指紋認証センサー搭載なども安心点だ。

基本スペック以外での特徴としては、長寿命なバッテリーが挙げられる。「いたわり充電」やXperia独自の「充電最適化技術」を活用することで、3年経っても劣化の少ないバッテリーとなっている。

また、3.5mmオーディオ端子(4極対応)を搭載している点、ハイレゾ音源のサポート、圧縮音源などでもハイレゾ相当で楽しめる「DSEE Ultitmate」機能などもXperiaならではだろう。

なお、ワイモバイルでXperia 10 IIIを購入することで3,000円相当の「PayPayボーナス」がプレゼントされるキャンペーンも実施中だ。

情報元、参考リンク
ワイモバイルオンラインストア
ソニー/Xperia 10 III製品ページ
ドコモオンラインショップ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    単純にコスパだけで見れば、XiaomiとかOPPOとかのほうが上ですが、XperiaにはXperiaならではの魅力がやっぱりありますよね。ソニー製品だ、というブランドの魅力はもちろん、やはりウォークマン使用を重視するとXperiaという部分は依然としてあると思いますし、デザインも綺麗ですよね。カラーは個人的にはイエローがとても綺麗だと思いますが、ブルーもいい感じですよね。

    返信削除