Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

BIGLOBEモバイルが「moto g30」を発売。音声SIMセット購入で実質3660円(ポイント還元により)

ビッグローブはMotorola製のAndroidスマートフォン「moto g30」を8日に発売した。moto g30は3月26日に順次販売開始となったSIMフリーのスマートフォンだが、格安SIM/スマホサービス各社で取扱い時期が異なり、「BIGLOBEモバイル」や「IIJmio」では8日に発売となっている。

moto g30
<▲図:「moto g30」>

moto g30はモトローラの公式通販サイトにおける販売価格は27,800円(税込、以下同。ただし「Motorola オリジナルイヤバッズ」が付属する)だが、BIGLOBEモバイルの場合には通常価格25,660円ながら、音声通話SIMとのセット購入の場合には20,000ポイント還元によって実質3,660円になる点が大きな魅力だ(Gポイントでの還元。BIGLOBEの月額料金(税抜)の支払いに充当できるので税込みだと22,000円相当となる。また、ポイント交換なども可能)。

さらにBIGLOBEモバイルでは音声通話SIMの3GBプランが12カ月間に渡って月額770円(初期費用や通話料は別)になるキャンペーン特典もあるので、格安SIMサービスとしての通信費も1年間は市場最安級になるという点も魅力となっている。

また、「YouTube」「ABEMA」「Spotify」「AWA」「dマガジン」など対象の動画配信サービス、音楽・ラジオ配信サービス、電子書籍サービスなどのデータ通信量がカウントされない有料オプション「エンタメフリー・オプション」(通常は月額308円)が初回最大6カ月間無料になる特典もあるので、YouTubeなどを視聴する頻度が高い方はその点でもお得だ。

なお、筆者(千葉県北西部在住)もBIGLOBEモバイルを利用しているが、通信速度は100Mbpsを超えるような極端に速いスピードを記録するシーンに遭遇したことはないものの、日常利用で不満を持つほど遅いということもない。上下ともに数Mbps~十数Mbps辺りをキープしていて、条件が良ければ下りで数十Mbps出るといった印象だ。しかし、ビル街などの都市部に関しての実態までは日常的に体験しているわけではないので参考程度にとどめて欲しい。

さて、moto g30は、エントリークラス向けのスマートフォンながらまずまずのスペックを持っている。

OSはAndroid 11、プロセッサはQualcomm Snapdragon 662、メモリは4GB、ストレージは128GB、ディスプレイは約6.5インチで解像度が1,600 x 720ドットのIPS液晶となっている。モトローラの低価格スマートフォンでは同じくHD+液晶搭載の「moto e7」もあり、筆者も所有しているが、Snapdragon 662搭載のmoto g30の方が価格が上ということもあり、基本パフォーマンスは上だ。

そのため、仮にmoto e7との比較検討をするのであればmoto g30を勧めたい。一方、moto e7には低価格という魅力があるので、それぞれに良い点悪い点があるという話に過ぎないが、ポイント還元で実質3,660円ならお得だ。

話をスペックに戻すと、バッテリー容量は5,000mAhで、本体サイズは約165.22 x 75.73 x 9.14mm、重さ約200gとなっている。

moto g30のスペック表

生体認証機能は顔認証と指紋認証に対応し、指紋認証センサーは画面内蔵タイプではなく、背面に独立したセンサーエリア(メーカーロゴの「M」マークの部分)を用意するタイプとなっている。モトローラの指紋認証センサーは精度も反応速度も悪くなく、とても使いやすいと思う。指紋認証センサーをスワイプして「通知」を表示することもできる。

moto g30の背面と側面
<▲図:「moto g30」の背面と側面>

moto g30だけではないが、モトローラのスマートフォンは「ピュアAndroid」が基本となっていて、非常にシンプルなソフトウェア構成だという点も特徴だ。プリインストールアプリは純正アプリのみで、BIGLOBEのアプリも入っていない。もちろん、最初から必須アプリはプリインストールされている方が良いという方も多いと思うので好みの問題だが、シンプルさを求める方には向いている。

なお、カメラは背面側は4眼構成で、前面側はシングルカメラとなっている。

4眼構成は約6,400万画素のメインカメラ、約800万画素の超広角カメラ、約200万画素の深度センサーカメラ、約200万画素のマクロカメラだ。

moto g30の上面と下面
<▲図:「moto g30」の上面、下面>

カラーバリエーションはダークパールとパステルスカイだ。

実質3,660円となると、かなり魅力的だと思う。一方で、他にも最大20,000ポイント還元機種があるので、色々とチェックしてみることをお勧めしたい。

情報元、参考リンク
BIGLOBEモバイル

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    最近のモトローラのエントリークラス製品にはmoto e7、moto g10、moto g30など色々とありますが、その中でもmoto g30はお勧めしやすいですね。

    返信削除