JR西日本がスマホ向け「モバイルICOCA(仮称)」を2023年春を目途に提供開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)は16日、スマートフォンでICカード乗車券「ICOCA」の機能を利用できるサービス「モバイルICOCA(仮称)」を2023年春を目途に提供開始する予定だと発表した。

自動改札機やお店における支払い時にスマートフォンを読み取り機にタッチするだけで利用できるのはもちろん、スマートフォンアプリからチャージを行ったり定期券の購入ができるようになるため、駅に行くことなくできることが増え、利便性が大きく向上するはずだ。

ただし、前述したようにサービスの提供開始予定時期は2023年春と随分先の話。約2年半待つ必要があるのは少々残念なところ。

最終的なサービスの詳細はリリース直前まで分からないと思うが、少なくとも現時点で予定されている機能/サービスには、前述したようにチャージをスマートフォン向けアプリだけで行うことができる機能、定期券の購入や払い戻しの手続きができる機能、チャージ残額の確認、利用履歴を確認、などが挙げられている。

ただし、チャージや定期券購入などの支払い方法は当初はクレジットカードのみとなりそうだ。

とはいえ、あくまでもそれらの内容は現時点での予定に過ぎないので、実際にはより便利な形でスタートするかもしれない。

また、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」の交通系ICカードとしてモバイルICOCA(仮称)を登録することで、新幹線の予約、支払いから乗車までに関してもスマートフォンとモバイルICOCA(仮称)でできるようになる。

さらにMaaSアプリ「WESTER」「setowa」と連携した機能なども提供予定とされている。

【情報元、参考リンク】
JR西日本/プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑