ソフトバンクが「シンプルスマホ5」を9月4日に発売へ。ボタン押すだけでお助けする「押すだけサポート」搭載!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは25日、4G対応スマートフォンの新製品としてシャープ製の「シンプルスマホ5」を9月4日に発売すると発表した。

<▲図:シンプルスマホ5>

「シンプルスマホ」シリーズの製品なので、スマートフォン初心者やスマートフォンの操作に不安のある方、シニア層の方などを主な対象に想定した製品だが、当然普通のAndroidスマートフォンとしても使えるので、低価格・中価格帯で扱いやすいシンプルなスマートフォンを探している方には選択肢に入ってくる可能性がある。

OSはAndroid 10で、ディスプレイは5.5インチ・フルHD+解像度のIGZO液晶で、メモリは3GB、ストレージは32GB、CPUはQualcomm Snapdragon 450と、ハードウェアの基幹部分のスペックを見ると、決して高くはない。

そのため、ゲームアプリを頻繁に遊ぶ方や、色々なアプリを沢山インストールしたい方、写真のみならず動画を沢山撮影してスマートフォン内に保存し続けておきたい方などには向かない。やはり基本的には多目的には使わない方が主な対象と言っていいと思う。

ただし、写真や動画の保存に関していえば、microSDカードを使うこともできるので、その場合には最大512GBのカードまで対応しているので、写真や動画はmicroSDカードに保管しておけば、ストレージ容量が32GBというのは全く問題にならない。

また、バッテリー容量は4,000mAhで、本体は防水・防塵仕様で、本体サイズは約70 x 154 x 9.3mmで、重さは約168gとなっている。

注意したいのは「おサイフケータイ」には対応していない点。

さて、スペックについて紹介したが、やはり最大の特徴は初心者やシニア向けの各種仕様や工夫だろう。

例えばインターネットに繋がらなくなってしまったり、着信音が鳴らなくなってしまったり、様々なトラブルが起きたときに、それを解決してくれるお助け機能が用意されている。「押すだけサポート」で、ホーム画面上に配置されている。

また、本体側面にはGoogleの音声検索をワンタッチで起動できる専用ボタンが用意されているので、手軽に音声での調べ物ができる。本体の前面には、「電話」や「メール」をワンタッチで起動できる専用ボタンも用意されているし、不在着信や未読メールがあるときにはボタンの点滅によって教えてくれる機能もある。

カラーバリエーションはシャンパンゴールド、ネイビーブルー、ワインレッドの3色。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑