HaloやGearsなどXboxのゲームが本体無しでPCに加えてAndroidスマホでも遊べるように!Microsoftのクラウドサービスで実現!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Microsoftは現地時間16日、現在は一部の国と地域においてテストを兼ねたプレビュー版の提供にとどまっているクラウド型のゲームサービス「Project xCloud」を9月より正式版に移行し、本格提供開始することを明らかにした。

<▲図:日本での提供も期待>

あわせて、そのProject xCloudが「Xbox Game Pass」に統合されることも明らかになった。より正確に言えば、Xbox Game Passにおける「Ultimate」プランのユーザー向けのサービスとしての提供だ。Xbox Game Passは、定額制のゲームサービスでコンソールゲーム機である「Xbox One」やPCにおいて、サービスにラインナップされた100以上のタイトルを遊び放題というもの。そこに新たにProject xCloudが追加されることで、Xbox One、PCに加えて、Android端末でもXbox Game Passのゲームをプレイできるようになる。

なお、Xbox Game PassはXbox Oneを所有していない方でも利用できるサービスであることが大きな魅力だ。

正確にはPC向けのサービスがβ版だが用意されていて、動作要件を満たすPCであれば、Xbox Game Passにラインナップされている「Halo」シリーズ、「Gears」シリーズなどのタイトルをPCとXbox コントローラー(Xbox One用のコントローラーやXbox 360コントローラーなど)でプレイできる。しかも、Xbox Game Passの各プランは初月は100円なので気軽に試せる。たった100円で複数タイトルを一気に遊び切ってしまうことだってできるかもれない。

ちなみにXbox Game Passの料金プランは3種類で、最もグレードの高いUltimateは初月100円、翌月以降は月額1,100円となっている。PCだけで遊べる「Xbox Game Pass for PC(Beta)」は初月100円、翌月以降は月額425円(期間限定価格。通常は月額850円)だ。Ultimateプランにはfor PCプランの内容も含まれているので、Xbox One、PC、どちらでも遊べる。

このUltimateプランのユーザーは将来的にAndroidでもプレイできるようになるので、例えば家ではXbox OneかPC、外ではAndroidスマートフォンでプレイ、といった遊び方だって可能になる。しかも追加料金は発生しない。

ただし、Androidでのプレイに関してはクラウドサービスとしての提供なので、常時ネット接続が必須だ。その点には注意したい。

また、スマートフォンやタブレット向けにバーチャルゲームパッドがシステム面で用意されるわけではないので、少なくとも当面はXboxコントローラーが必須となる。XboxコントローラーをAndroidスマートフォンやタブレットとBluetoothで接続してプレイする。

なお、Xbox Game Passでは古いゲームタイトルだけでなく、最新タイトルも随時追加されるので侮れない。特に「Xbox Game Studio」の作品については、発売と同時にXbox Game Passにも追加されるため、Microsoftのファーストパーティー作品だけにしか関心がない方の場合は、コンソール機を買わずにXbox Game Passへの加入とPCもしくはAndroidだけあれば十分、ということにもなってしまう。

例えば、今年のホリデーシーズンに新機種であるXbox Series X、現行機のXbox Oneシリーズ、Windows 10での発売が予定されている「Halo Infinite」も、同時にXbox Game Passで配信予定とされている。「Halo 5」の続編として、シリーズの英雄である「マスターチーフ」の新たな冒険が描かれる作品だ。

それこそスマートフォンとXbox Game Pass Ultimate、Xbox コントローラーでのプレイであれば、初期投資を限りなく抑えることができるので、懐にも優しい。新たにスマートフォンを買うとなると高額だが、すでに所有している機種でプレイするのであれば、追加コストはコントローラー代とXbox Game Pass Ultimateの月額料金だけなのでお手頃だ。

ただし、現時点では日本でのサービスが提供されるかどうか、そしてその時期は分かっていない。

とはいえ、すでに日本語の公式ページも公開されているし、提供予定だと見られているので、おそらく早期サービスインを期待していいはず。

なお、すでにPC向けサービスであるXbox Game Pass for PC(Beta)は日本でも利用できるので、これまでXboxのゲームへの関心はあったもののコンソール機を持っていない方は公式サイトをチェックしてみよう。全ラインナップもゲームライブラリページで公開されている。Haloシリーズ、GearsシリーズなどのXboxならではのシリーズの他にもサードパーティーのタイトルやインディータイトルなどが100以上投入されているので、チェックのしがいがあると思う。

それらのタイトルは、Xbox Oneが無くても、PCとXbox コントローラーがあればプレイできる。今のうちにシリーズ作品をプレイしておく、というのも良いだろう。

【情報元、参考リンク】
Xbox Game Pass Project xCloud公式サイト
Xbox Game Pass公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑