Amazon、Kindle(第10世代)の8GBモデル発表! 8980円から。4GBモデルは在庫限りの3000円引き

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アマゾンジャパンは20日、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズにおけるエントリーモデルに、ストレージ容量を増やした新機種を追加し、販売開始した。現在の最新のエントリーモデルは「Kindle(第10世代)」で、旧機種ではストレージ容量が4GBだったが、新機種では8GBになった。

<▲図:Kindle(第10世代)>

それ以外のスペックは基本的に変更なく、デザインやサイズ、重さなども同様だ。そして注目すべき点はストレージ容量が倍増したにもかかわらず、価格は据え置きだという点。Kindleシリーズには広告が表示されるが安価な「広告つき」モデルと、広告が表示されない「広告なし」モデルがあり、前者の場合は8,980円、後者は10,980円となっている。

さらに、もう一点ニュースがある。8GBモデルは実際には追加ではなく、4GBモデルを置き換える新機種となるため、4GBモデルは在庫限りで販売終了となる。そして、その残りの在庫に関しては3,000円引きでの販売となっているので、4GBモデルで構わないという方は、お得に購入できるチャンスだ。

ただし、すでに4GBの広告つきモデルは在庫がなくなってしまった。広告なしモデルは在庫があり、価格は7,980円だ。

さて、Kindle(第10世代)の8GBモデルは、Kindle(第10世代)の4GBモデルと基本的には変わらないと先ほども書いたが、実際にストレージ容量以外は同じだ。6インチの電子ペーパーディスプレイ「Amazonディスプレイ」を採用し、解像度は167ppi、16階調グレースケールで、本体サイズは約160 x 113 x 8.7mmで、重さは約174g。

ストレージ容量が8GBになったので、かなりの量の本をKindle本体に保存しておける。

欲を言えば、300ppiの「Kindle Paperwhite」や、7インチの「Kindle Oasis」の方がサイズの大きな本や文字が細かい本は読みやすいが、小説や漫画がメインであればエントリーモデルのKindleで問題ない。フロントライトもついているので、寝る前に部屋をやや暗くした状態でも読むことができる。

下に掲載したのはAmazonでのKindleの製品ページへのリンク。ページ内で、4GBもしくは8GB、広告有無などを選択できる。



【情報元、参考リンク】
Amazon/Kindle(第10世代)製品ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑