LINEで5科目の学習動画等を無償公開!市進、学研などの制作教材

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEみらい財団は2日、新型コロナウイルスの影響による小学校、中学校、高校などを対象とした休校要請が出されたことを受けて、自宅で過ごす学生の支援に向けた取り組みとして、5科目の学習動画等の教材の無償提供を開始した。

<▲図:提供教材について>

具体的には、国語、数学、理科、社会、英語の教材で、各教科、市進ホールディングスや学研ホールディングスなど外部の企業と連携しての提供となる。

まず、国語、理科、社会については、市進ホールディングスがオンライン授業サービス「ウイングネット」で配信している学習動画で、内容は国語は中高生程度、理科・社会は中学生程度となっている。

数学は数学検定協会が発行している参考書的問題集「実用数学技能検定 要点整理」シリーズをベースに、音声と描画で問題を解説した動画講義型のe-ラーニング教材「ユニバーサル数学」の学習動画で、数学検定の準1級から5級(高校3年生から中学1年生程度)の各階級対応。英語は学研ホールディングスの公式アカウント「Gakken英語合格トレーナー」において、英単語や文法、リスニングの練習問題などを利用できる形となっている。学習内容は中学卒業レベルである英検3級から高校卒業レベルの2級まで。

英語は「Gakken英語合格トレーナー」アカウントで学ぶ形だが、それ以外の4科目に関しては、「新型肺炎休校サポート LINEみらい財団」アカウント上での配信となる。

【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑