ドコモがリクルートと提携。ID連携のほか、じゃらんやホットペッパー等でdポイントを利用可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は30日、リクルートと業務提携契約を締結したと発表した。この提携によってドコモの「dアカウント」とリクルートの「リクルートID」が連携し、リクルートの各種サービスの利用でドコモのポイントサービス「dポイント」を利用できるようになる予定。

例えば、「じゃらん」「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」などを使って予約した店舗利用でdポイントが貯まるようになる。もちろんdポイントを使うこともできる。対応時期は今年度の第3四半期(7月-9月)の予定。

dポイントの販促支援をはじめ、マーケティング協業についても検討し、dポイントクラブの会員基盤の拡大に取り組むという。

また、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開についてもドコモとリクルートは基本合意書を締結し、リクルートライフスタイルが提供する業務・経営支援サービスAir BusinessToolsにおける協業も強化するという。

具体的には、リクルートライフスタイルが提供するお店の決済サービス「Airペイ」のオプションサービスである「Airペイ ポイント」でdポイントの取り扱いを4月より開始する予定。これによって、Airペイ導入店舗でもdポイントを貯めたり使ったりできるようになる。「d払い」については2018年4月から対応済み。先ほど協業を強化する、と記したのは、この点に関する協業は以前から行われていたため。

さらに全国のドコモ販売代理店の営業活動を通じたAirペイ導入店舗の開拓についても継続して取り組むという。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑