テプラ初のスマホ専用モデル登場!小型の「テプラLite LR30」が8月20日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
キングジムはラベルプリンター「テプラ」シリーズでは初となるスマートフォン専用モデル「テプラLite LR30」を20日に発売すると発表した。サイズも小さく、手のひらに乗るレベル。同社は初年度の販売目標数量は3万台だとしている。

<▲図:テプラLite LR30の利用イメージ>

価格は6,800円(税抜)で、カラーバリエーションはブルーとホワイトの2色。

<▲図:ブルーとホワイトモデル>

<▲図:作成ラベルの例>

テプラLite LR30は、スマートフォンとBluetoothで接続して、スマートフォン向けアプリ「TEPRA Lite」を使って手軽にラベルの作成・印刷ができるラベルプリンター。

アプリを使ってラベルのデザインを全て行える訳だが、文字や画像のサイズ変更や配置を自由をできる上、様々な絵文字や外枠、各種テンプレートが用意されているので、短時間で手軽にクオリティの高いラベルをデザインすることができる。

<▲図:絵文字と外枠の例>

<▲図:フォントの例>

予め用意された素材を使うだけでなく、オリジナルの画像や写真を使うこともできる。

作成したラベルのデザインは100件までアプリで保存できるので、同じデザインのラベルを追加作成したいときなどにも便利だ。また、テプラ本体は単4形乾電池4本で駆動するので、外出先でも利用できるし、家の中での移動も楽だろう。

本体サイズは約71 x 46 x 76mmで、重さは約132g(電池とテープを除く)。

<▲図:テプラLite LR30の利用イメージ>

今回の新製品発売に伴い、キングジムはテープの新商品も用意している。テプラLiteテープに新たにホワイト、スモーキーブルー、グレージュ、クリアの4色が追加される。テープはフィルム素材で、水はねにも強く、幅広い用途で使えるという。

なお、専用アプリのTEPRA Liteは現時点では配信されていないが、20日よりGoogle Play、App Storeで無料配信開始となる予定。

下に掲載したのはAmazonでの商品リンクで、すでに予約販売開始となっている。

 

【情報元、参考リンク】
キングジム/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑