RAVPowerからUSB PD 最大61W出力の超小型アダプタ(充電器)が登場! 49x49x32mm、105g! 4日まではクーポンで3839円!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
SUNVALLEY JAPANは1日、「RAVPower」ブランドから小型軽量のUSB-ACアダプタ(充電器)「RP-PC112」を新たに発売した。Amazon.co.jpでの現時点での通常の販売価格は4,599円だが、4日までに関しては発売記念キャンペーンのクーポンを使うことで20%オフの3,839円となっている。クーポンコードはプレスリリースで一般公開されていて、誰でも使うことができる。コードは「PC112PR08」だ。


すでに該当カテゴリでベストセラー1位に立つ人気振りだが、現時点ではまだ在庫がある。


何といっても最大の特徴はUSB PD対応で最大61W出力という高出力アダプタでありながら、約49 x 49 x 32mmと小型で、約105gと軽量である点だろう。これなら携帯しやすいし、外出先でMacBookシリーズ、Windowsノートやタブレットを十分な速度で充電できる。もちろんスマートフォンやタブレットにもいい。


参考画像として公式で用意されているものからも分かるが、窒化ガリウムを採用することで、従来品と比べてかなりの小型化を図れる。

例えばMacBook Pro用の60Wアダプタと比べると約半分だ。これ一つでパソコンからスマートフォン、タブレット、携帯ゲーム機まで何でも充電できてしまうので、本当に役立つ。もちろんUSB PDに非対応のスマートフォンの充電も可能だ。

出力ポートはUSB Type-C一つで、最大で61W出力が可能で、具体的な出力電圧/電流は下記の通りとなっている。
  • 5V/3A
  • 9V/3A
  • 12V/3A
  • 15V/3A
  • 20V/3A
  • 20.3V/3A

Windows PCもUSB PD充電が可能な機種が増えてきているが、充電できるかどうかは意外と機種によってまちまちなので、発売初期の段階では実際に自分のパソコンで使えるかどうかは未確認状態のギャンブル的な購入になる可能性がある点には注意して欲しい。

すでに製品ページの注意事項にも書かれているが、例えばLenovoのPCの場合は、PC側の仕様によって電源がオフの状態では本製品での充電できないようだ。また、DELLのLatitude 14 5000シリーズなどでは45Wでの充電しかできないという。純正ACアダプタ(65W)と比べて、その分充電速度が遅くなるという。私もWindows PCのUSB PD充電に関しては、USBハブも含めてサードパーティのアダプタやモバイルバッテリーを色々を試す中で、使えたり使えなかったり、逆に電源オフ/スリープの時だけ使えたりと、とにかくマチマチだった経験があるので、注意して欲しい。

一方でMacBook、MacBook Proなどでの使用はある程度安心だろうし、スマートフォン、タブレットも同様だと思う。


また「Nintendo Switch」も純正アダプタが39W出力のUSB PDアダプタなので、もちろん本製品のようなサードパーティのUSB PDアダプタでも充電できる。

いずれにしても、窒化ガリウム採用製品が徐々に出てきて、アダプタサイズが小型化してきているのは嬉しい動きだ。

下に掲載したのはAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
RAVPower公式サイト
SUNVALLEY JAPAN/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑