auが「Wow!ID」を「au ID」に統一、「Wow!スーパーポイント」を「au WALLET ポイント(Wowma!限定)」に変更へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは28日、現在auの携帯電話ユーザーではない方がauの一部コンテンツサービス、ショッピングサービスなどを利用する際に使うアカウント「Wow!ID」を6月下旬以降に「au ID」に統一すると発表した。この件は以前から告知されていて、今夏をめどにau IDにアカウントが統合される予定だった。

<▲表:IDとポイントの名称変更について(※クリックして拡大)>

通信キャリアが提供するサービスは、そのキャリアの回線契約を持つ方しか使えない、というイメージが強いと思うが、実際にはNTTドコモ(以下、ドコモ)もauもソフトバンクも、意外とサービスをオープン化している。

ただ、ドコモがアカウントを「dアカウント」に統一し、ポイントサービスも「dポイント」として、ドコモの携帯電話ユーザーだろうが、そうではない方だろうが、基本的に同じ名称のアカウントサービスを提供しているのに対して、auの場合は若干混乱しがちな状況で、auの携帯電話ユーザーはau IDで各種サービスを利用できるのに対して、auの携帯電話ユーザーではない方がauのオープンサービスを利用する場合には「Wow!ID」を使うことになっていた。

Wow!IDは元々はauのショッピングサービス「Wowma!」で提供されているアカウントで、それを他のサービスでも活用する形だ。

2つのアカウントサービスがあるというのは混乱を招くだけで、KDDIはこの度、au IDへ統一する。これによって、auの携帯電話ユーザーではなくともau IDを取得/利用できるようになる。auの携帯電話ユーザーがau回線を解約した後だろうが継続して同じau IDを使うこともできる。

また、ポイントに関しても同様に名称が今までよりは分かりやすくなる。

現在はauユーザーは「au WALLET ポイント」「Wow!スーパーポイント」を利用できるが、auの携帯電話ユーザーではない方は「Wow!スーパーポイント」がWowma!で提供されている。このポイント名が「au WALLETポイント(Wowma!限定)」に変わる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑