ドコモとau向けのGalaxy S8及びS8+にAndroid 9アップデート提供開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
サムスン電子製Androidスマートフォン「Galaxy S8」及び「Galaxy S8+」のNTTドコモ(以下、ドコモ)向けモデルとau向けモデル、いずれにおいてもOSをAndroid 9へバージョンアップする内容を含む最新のソフトウェア更新(アップデート)の提供が17日より開始となった。

<▲図:Android 9ではナビゲーションバーも含めてUIも変わる>

更新の通知が届いている方は通知から導入手順に入ることができるが、届いていない方も「設定」→「ソフトウェア更新」→「更新を手動でダウンロード」と進めることで手動操作でアップデートできる。

最新ソフトウェアのファイルサイズは約1.4GBなので、LTEでダウンロードする方は契約している料金プランにおける残りの月間データ量に注意しよう。大容量プランの場合は1.4GBでも問題ないかもしれないが、そうでなければ、Wi-Fiでのダウンロードの方が無難だ。

また、OSのバージョンアップを伴うアップデートの場合はそれなりに時間がかかるので、時間に余裕があるときに行いたい。ドコモでは所要時間は目安として約38分間としているが、実際には人それぞれ違うので、アップデート後の状態確認も含めて1時間程度は確保していた方がいいと思う。というのも、ホームボタン、戻るボタン、最近使ったアプリボタンといったナビゲーションバー、ホーム画面に配置されるアイコンデザインを始めとする基本的UIも変化するからだ。それらのちょっとした確認の時間も押さえていた方がいいと思う。

Android 8からAndroid 9になることで色々な変化があるが、日常使う上で体感できるかもしれない改善の一つに省電力機能がある。賢くアプリごとに調整してくれる「自動調整バッテリー」機能を利用できるようになる。スマートフォンが学習しつつ自動的に調整してくれるので、上手くいけば多少バッテリーの持ちが長くなるかもしれない。

<▲図:自動調整バッテリー機能について>

ちょっとした便利機能には「ワンタッチ固定」もある。これは縦画面に固定中に横画面の表示に変更したいようなときに役立つ。画面に表示されるボタンをタップすることでワンタッチで横画面に固定できる。

<▲図:ワンタッチ固定機能について>

もう一つ便利機能として、アプリをスワイプアップ/ダウンすることで拡張/縮小が手軽にできるようになるので、片手での操作時に活用すると便利だ。

<▲図:片手操作性の向上について>

最近使ったアプリボタンをタップして表示される各アプリのカードの上にあるアイコンをタップしたときに表示されるサブメニュー内の「分割画面表示で起動」「ポップアップ表示で起動」から画面分割やポップアップ表示もできるので、片手操作時にはこれらの機能も便利だ。画面分割を今まで使っていなかった方も、この機会に覚えると便利だと思う。

他にも様々な機能改善等があるし、セキュリティ更新も最新のセキュリティパッチレベルになるので、Android 9へのアップデートはオススメだ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/Galaxy S8 SC-02Jの製品アップデート情報
NTTドコモ/Galaxy S8+ SC-03Jの製品アップデート情報
au/Galaxy S8 SCV36 OSアップデート情報
au/Galaxy S8+ SCV35 OSアップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑