継ぎ目ない1枚のディスプレイを開いて折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」が4月発売へ。先端技術で魅力的ながら約22万円と高価

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
韓国サムスン電子は米国時間20日、米サンフランシスコで開催したプレス向けイベント「Galaxy UNPACKED 2019」において、Androidスマートフォン「Galaxy S10」シリーズ(こちらの記事参照)の他、完全に折り畳むことができる有機ELディスプレイを採用した折り畳み型のスマートフォン「Galaxy Fold」も発表した。


Galaxy Foldは4月26日に発売予定で、価格は1,980ドル(記事執筆時点の為替レートでは219,281円)と約22万円だ。

Galaxy Foldの開発モデルは以前公開されていたため、早期の製品化が待たれていたが、意外と早かったと言えるかもしれない。



最大の特徴は、7.3インチサイズ(縦横比は4.2 : 3)の折りたたみ可能なディスプレイ「Infinity Flex Display」だ。

Infinity Flex Displayを開いたり折りたたむために、Galaxy Foldのボディは左右に分かれたパーツで構成されていて、中央は特殊なヒンジで繋がっている。左右ボディにまたがる形で1枚のInfinity Flex Displayが設置された形で、開いた状態ではこの7.3インチのディスプレイを使って様々なアプリを使うことができる。縦横比は4.2対3と特殊だが、ウェブサイトや地図の表示、電子書籍などには相性抜群に見える。

しかも、2枚のディスプレイで7.3インチを実現しているわけではなく、1枚のディスプレイを折りたたんだり開くため、中央の折りたたみラインにヒンジが飛び出たりせず、スマートな表示面を実現している点が画期的だ。そして、折りたたんでしまえば、5インチ程度の縦長のスマートフォンと同等クラスのサイズになるので、ポケットなどにも収納しやすい。

<▲図:左から順に途中まで開いた状態、その状態での背面側、閉じた状態>

しかも、折りたたんだ状態でも一般的なスマートフォンのように使えるようにするため、ボディ外面に4.6インチのサブディスプレイ「Cover Display」を搭載している。

すなわち、内側の7.3インチディスプレイと外側の4.6インチディスプレイ、2面のディスプレイを搭載するスマートフォンとなっている。

その他基本スペックは、メモリ(RAM)が12GBで、ストレージ(ROM)が512GB、バッテリー容量は4,380mAh、メインカメラはGalaxy S10のようなトリプルカメラで、前面カメラはデュアルカメラとなっている。OSはAndroid 9だ。

非常に魅力ある先進的なスマートフォンだが、約22万円と、あまりに高価な点は残念だ。日本市場に投入される際、最終的な価格設定がどのようになるのか気になるところだ。

【情報元、参考リンク】
Galaxy Fold製品ページ(日本語)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑