ソフトバンクが長期継続特典等の特典をTポイントから同社とヤフーのスマホ決済サービス「PayPay」へのチャージに変更へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは2019年4月を目処に「ソフトバンク」通信サービスにおける「長期継続特典」の内容を変更する。現在は「期間固定Tポイント」の付与特典か、通信費からの割引特典のいずれかを選択できるが、来春よりスマートフォン向け決済/電子マネーサービス「PayPay」(ソフトバンクとヤフーが提供するサービス)へのチャージ特典のみに変更となる。


PayPayはソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するサービスで、ちょうどタイミング悪くというかシステム障害が大々的にニュースになっている最中だけに、それによってサービスを知った方も多いかもしれない。

PayPayは電子マネー(チャージ)機能を備えたスマートフォン決済サービスで、最終的な支払いは登録したクレジットカード、「Yahoo!マネー」「PayPay残高」から行われる。

今回の特典変更ではPayPayへのチャージとなるので、PayPay対応店舗などでの買い物の際に使うことができるわけだ。

一見、Tポイントから新サービスのPayPayに切り替わるのは嫌だと思うユーザーが多いと思う。そもそも「PayPayって何?」とか、新しく利用登録するのは面倒だと思うが、最終的には期間固定Tポイントよりも使いやすくなるかもしれない。

PayPayチャージの付与率はソフトバンクの契約年数によって異なるが、最大では15年以上のユーザーの場合の5%となっている。3年目〜が1%、5年目〜が2%、7年目〜が3%、11年目〜が4%、15年目〜が5%だ。

また、契約更新時にもPayPay特典が付与される。初回更新期間の1ヶ月目には3,000円分、2回目以降の契約更新期間の1ヶ月目には1,000円分のPayPayが付与される。

なお、実は「長期継続特典」だけでなく、「あんしん保証パック with AppleCare Services」における期間固定Tポイント付与もPayPayに切り替わるので、こちらも注意して欲しい。

【情報元、参考リンク】
PayPay
ソフトバンク/ソフトバンク提供サービスにおける特典変更のお知らせ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑