WiMAX 2+への完全移行に向けてWiMAX提供終了へ。WiMAX 2+非対応のWiMAX機器のユーザーは注意

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは3日、WiMAXサービスの提供を2020年3月31日をもって終了すると発表した。それに先立ちWiMAXサービスの新規加入受付を今年の9月30日で終了する。GAPSISの記事でもそうだが、他のメディアも含めてWiMAX 2+も含めてWiMAXと表記している場合もあるので混乱している方もいるかもしれないが、今回提供終了となるのはWiMAXであってWiMAX 2+ではない。

<▲図:WiMAX停波後はWiMAX 2+のみで完全に50MHz幅の帯域を使うようになる>

近年の機種を利用している方は特になにも気にしなくていいし、問題ない。注意が必要なのは、WiMAX 2+に非対応でWiMAXのみに対応した古い機種のユーザーだ。

それはUQコミュニケーションズで契約している方だけでなくGMOとくとくBBやNifty、So-net、ビッグローブなどMVNO各社で契約している方も同じ。回線インフラは全てUQコミュニケーションズが担っており、WiMAXのサービス提供終了はMVNO各社も影響を受ける。

同社はWiMAX 2+の提供を始めてから順次エリア拡大をし、さらにはWiMAXで使っていた周波数帯をWiMAX 2+に切り替えてきたが、いよいよWiMAXのサービスが終了し、WiMAX 2+への完全移行となる。

今やWiMAX 2+だけで問題ないため通信環境面ではWiMAXが終了しても全く問題ないが、前述したようにWiMAX 2+非対応のWiMAX機器を使っている方は注意が必要だ。

WiMAX機器のユーザーには無料でWiMAX 2+対応機器への機種変更ができるキャンペーン「おトクに機種変更」が10月1日より開始となる。また、MVNO各社でも何らかの施策が実施されるかもしれないし、機種変更施策がなくても2〜4万円程度のキャッシュバックキャンペーンなどが各社実施中なので、この機会にWiMAXを解約してWiMAX 2+機器を新規購入するのも一つの手だと思う。

なお、2020年3月31日でサービス終了となるUQ WiMAXのプランは下記の通りだ。

・「UQ Flat年間パスポート」
・「UQ Flat年間パスポートハート割」
・「UQ Flat」
・「UQ Step」
・「UQ 1Day」

最近機種ではモバイルルーターだとW05、ホームルーターだとL01sがオススメだ。それらの機種は下記リンク先のレビュー記事を参照して欲しい。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
Speed Wi-Fi NEXT W05レビュー記事
Speed Wi-Fi HOME L01sレビュー記事
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑