【災害関連情報】大阪北部地震における「00000JAPAN」でのWi-Fi無料開放が26日で終了へ。避難所では引き続き各社のWi-Fiを無料提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
大阪北部地震の被災者を支援する取り組みの一つとして、各社の公衆無線LANサービス(Wi-Fiサービス)が無料提供されているが、一部サービスは災害用統一SSID「00000JAPAN」(読み:ファイブゼロジャパン)として提供中だ。これは普段は異なるSSIDで接続・利用する各社のWi-Fiサービスを統一した「00000JAPAN」というSSIDでログイン無しで利用できるというもの。

<▲図:統一SSID「00000JAPAN」は基本的には一番上に表示されるので接続しやすい>

18日以降、順次「00000JAPAN」で提供されてきたが、各社は26日で「00000JAPAN」を使ってのサービス提供を終了する。

具体的な終了時間はサービスによって異なるが、ワイヤ・アンド・ワイヤレスは26日、KDDIも26日、NTTドコモは26日10時、ソフトバンクは26日早朝をもって終了する。

ただし、避難所においては引き続き各社のWi-Fiサービスは無料提供される。とはいえ、統一SSID「00000JAPAN」での提供形態は終了となるので注意してほしい。

【情報元、参考リンク】
無線LANビジネス推進連絡会/プレスリリース
大阪北部地震に伴い各社が無線LANサービス(Wi-Fi)を無料開放。災害用統一SSID「00000JAPAN」に接続すればOK
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑