【せう先生のスマホ講座】第85回:今年こそ本格普及?「Android TV」って何?(前編)

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GAPSISをご覧の皆さん、「せう」です。こんにちは。2月になりました。先生は体調がすこぶる……悪いですorz 皆さんも、うがいや手洗いをしっかりしましょうね ()

<▲図:1月に発売された「ドコモテレビターミナル」(左)と「Air Stick 4K」(右)>

さて、1月を振り返ると、国内で2つの「Android TV」デバイスが登場したことが個人的には一番のトピックでした。1月18日にCCC AIRから発売された「Air Stick 4K」、1月30日にNTTドコモから発売された「ドコモテレビターミナル」がそれらです。

いずれも既存のテレビに接続する「セットトップボックス(STB)」という形式を取っていますが、ソニーの「BRAVIA」の上位機種のように、Android TV搭載のデジタルテレビもあります(海外だとソニー以外のメーカーも何社か採用している)。

ところで、この「Android TV」ってなんでしょう? 2回に分けてご紹介していきます。

■Android TVは「テレビやSTB用のAndroid OS」

<▲図:Android TVは「Android OS」のバリエーションの1つです!>

名前からも察せますが、Android TVはデジタルテレビやSTB用のAndroid OSです。OSのカーネル(中枢部分)はスマートフォン・タブレット向けのAndroid、スマートデバイス用の「Android Wear」とも共通です。アプリの開発環境も共通です。



■UIはテレビ向けに最適化

Androidスマートフォン・タブレットはメーカーごとにホームアプリが異なりますし、Google Playにあるホームアプリと入れ替えることもできます。

それに対して、Android TVのホームアプリは基本的に全メーカー(端末)共通の「Android TV Launcher」で、リモコン操作に最適化されています。ホームアプリの入れ替えはできません。

<▲図:ドコモテレビターミナルのホーム画面>

<▲図:Air Stick 4Kのホーム画面>

バナー(アプリのプッシュ表示)やアプリアイコンの表示場所は、メーカー(端末)ごとのカスタマイズとなっています。

ドコモテレビターミナルの場合は、「ドコモアプリのバナー→ドコモアプリ→その他のアプリのバナー→その他のアプリ一覧」という順序で表示されているのに対し、Air Stick 4Kでは「アプリのバナー→ホーム(独自プリインストール)アプリ→その他のアプリ」という順序で表示されます。

アプリの配列は、リモコンの決定キーを長押しすれば変えられます。



■アプリは「Google Play」からダウンロード

<▲図:Android TV版の「Google Play」>

アプリのインストールや更新は、スマホやタブレットと同様に「Google Play」を通して行います(※)。ただ、ちょっと操作しづらいので、新規インストールはPC版Google Play経由でやることをおすすめします。

Android TV版アプリはスマホ・タブレット向けのアプリと同じURLだったり、別のURL(=別アプリ扱い)だったりしますが、スマホ・タブレットと比べると数はそれほど多くありません。

ということで前編はここまで。後編では実際にどういうことができるのか見ていきます!




記事執筆者プロフィール
せう
ブログ:せうの日記、Twitter:@shoinoue

静岡県三島市で産まれ、静岡県駿東郡長泉町で生まれ育ったアメリカ系日本人3世。見た目が日本人離れしている反動で、身の回りの道具は日本で開発されたものだらけである。ITmedia、andronaviを始めとするWeb媒体を中心に執筆活動を展開。自前のブログ「せうの日記」も宜しくお願いします。

「せう先生のスマホ講座」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3日曜日更新予定!
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑