SMBC日興證券、SBロボティクスとよしもとロボット研究所が開発した独自アプリを搭載したPepperを導入

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Pepper
SMBC日興證券とソフトバンクロボティクスは23日、ソフトバンクロボティクスとアルデバランが開発したパーソナルロボット「Pepper」を、SMBC日興證券の店舗での接客やセミナーでの司会進行などで活用することに合意し、8月から一部店舗に導入すると発表した。

さらに、今回SMBC日興證券に導入されるPepperには、ソフトバンクロボティクスとよしもとロボット研究所が開発協力した独自のアプリが搭載される。

このアプリでは、思わず笑ってしまうような会話の切り返しや、金融にまつわるクイズなどを楽しむことができるという。

8月24日に本店、26日に八重洲店で開催される、小学校高学年の児童とその家族を対象とした社会学習プログラム、“日興「家族でワクワク体験DAY2015」”において、このPepperを体験することができる。

Pepper導入が予定されている一部店舗とは、本店、札幌支店、柏支店、八重洲支店、新宿支店、横浜支店、大阪支店、京都支店、神戸支店、福岡支店の10店舗。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑