au、2560×1440という高解像度液晶を搭載するスマートフォン「isai FL」を7月18日に発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは14日、WQHD(2,560×1,440ドット)という高解像度のAH-IPS液晶ディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン「isai FL」を18日に全国一斉発売すると発表した。

isai FL LGL24

isai FLのディスプレイはLG Display Co.,Ltdが開発した広視野角、高輝度のAH-IPS液晶で、サイズは約5.5インチ。最近のハイエンドスマートフォンの中でもサイズの大きなディスプレイだが、本体ボディの幅は約76mmと、できるだけ抑えられている。

また、左右だけでなく上辺も縁部分が狭くなっているので、前面の面積に対してディスプレイが占める割合が大きく、ボディサイズは縦についてもできるだけ短く抑えられている。

具体的には約76×145×10.5mmで、重さは約154gだ。決して小さい端末ではなく、やはり大きいことは確かだが、その中でできるだけ大きなディスプレイを搭載しているのは、最近のシャープ製端末と同じ特徴だ。

大きなディスプレイを活かす機能として、「デュアルウィンドウ」機能がある。これは、画面を2分割できる機能で、例えばウェブサイトを見つつメッセージアプリを使うなど、パソコンライクのマルチタスクが可能だ。

デュアルウィンドウ機能の利用イメージ(右)

他にも便利な機能があり、画面を指でトントンと叩く操作が拡張され、ロック解除がトントン操作でできるようになった。この機能を「ノックコード」と呼び、あらかじめ登録した順番に画面の場所をトントンとタップするとスリープが解除されるとともに、セキュリティロックも解除できる。

操作系では「isaiモーション」という操作もある。気分を変えたいときにアプリランチャーが面で本体を振ると壁紙とアイコンを切り替えられたり、振るだけの操作でいつも使うアプリを簡単に起動できるように設定することもできる。

カメラでは4K解像度での動作撮影、音楽ではハイレゾ音源の再生などにも対応する。

本体メモリは2GB RAM、32GB ROMで、バッテリー溶炉湯は3,000mAh、OSはAndroid 4.4だ。

もちろん、LTEのキャリアアグリゲーション、WiMAX 2+にも対応する。

isai FLのファーストインプレッション記事はこちらを参照してほしい。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑