ポラロイド・ブランドの子供向けスマートフォン「PolaSma」が登場。SIMロックフリー、SIMスロット2つ搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
クロスリンクマーケティングは2日、「Polaroid(ポラロイド)」ブランドのスマートフォン「PolaSma(ポラスマ)」を発表した。ポラスマはSIMロックフリーで、自由に通信事業者を選べる上、保護者が安心して子供に使わせられるよう「ペアレンタルコントロール機能」が搭載された、子供向けスマートフォン。


販売は全国の「トイザらス」の店舗、もしくはトイザらスのオンラインストアで行われ、価格は27,999円。

カラーバリエーションは元気になれる「ビタミンカラー」の3色。チェリー、ブルーベリー、レモンだ。子供向け端末とはいえ、いかにも、というデザインではない。一見して分かるものではないため、中高生でも恥ずかしくないデザインといってよさそうだ。

ポラスマの大きな特長はペアレンタルコントロール機能の搭載。

ペアレンタルコントロール機能の「KIDO'Z」アプリから簡単に設定・管理ができる。年齢、性別、言語が考慮され、エンタテインメント、教育動画、ウェブサイト、ゲーム等を含む、子供向けのベストコンテンツを簡単に使えるようにもなっている。

アプリは許可/不許可を個別に設定でき、ウェブサイトも閲覧できるサイトをURLで指定できる。また、一日の使用時間制限や時間帯による制限を掛けることも可能だ。

他にも、予め許可された発信先にしか電話を発信できないようにする「キッズダイヤラ」、保護者が子供の居場所を知ることのできる「モバみっけ」などの機能も利用可能だ。

そして、ハードウェア面での特徴の一つにSIMカードスロットを2つ搭載している点が挙げられる。2枚のSIMカードを挿せるので、音声通信とデータ通信それぞれ使い方に合わせてコストを抑えるようなこともできる。

OSはAndroid 4.2で、プロセッサはMTK6582(クアッドコア1.3GHz)、メモリは1GB RAM、4GB ROMで、ディスプレイは約5インチのIPS液晶、解像度は960×540ドット、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、カメラは背面に約800万画素、前面に約200万画素のものを搭載する。microSDカードスロットは最大32GBのカードまで対応し、バッテリー容量は1,650mAh、本体サイズは約142×70×7.9mm、重さは約152gだ。

【情報元、参考リンク】
ポラスマ製品紹介ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑