Lenovo、Android端末としても使える28インチ・4Kディスプレイ「ThinkVision 28」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
中国Lenovoは米国時間5日、Android、そしてタッチパネルを搭載した28インチ・ディスプレイ「ThinkVision 28」を発表した。このThinkVision 28は巨大なAndroidタブレットのような使い方も可能な製品で、同社は「スマートディスプレイ」というジャンルで呼んでいる。

ThinkVision 28

Lenovoのスマートディスプレイ ThinkVision 28はAndroid 4.3を搭載し、純粋に大型のAndroid端末としての利用が可能となっている。マルチタッチは10点にまで対応し、一般的なスマートフォン、タブレットと同じような操作・アプリ(機能)を利用できる。

プロセッサにはNVIDIAのTegraを採用し、メモリは2GB RAM、ストレージ容量は32GB、ディスプレイは何度か述べたようにサイズが28インチ。そして大きな魅力は解像度が4K対応、すなわち3,840×2,160ドットまでサポートすることだ。応答速度は5ms。外部メモリスロットとしてmicroSDカードスロットも備える。

外部入出力端子はUSB 3.0が3つ(1つはUSBチャージャー機能を有する)、USB 2.0が1つ、micro USB 3.0が1つ、HDMIが3つ、オーディオ出力(スピーカー出力)が1つ、オーディオ入出力(ヘッドフォン用)が1つ、マイク端子が2つ(ノイズキャンセリング機能を持つため)、有線LAN端子が1つ、DisplayPort 1.2が1つとなっている。

映像入出力に関してはMiracastにも対応しているので、ワイヤレスでのやり取りも可能だ。本体のサイズはパネルのみが約648.9×369.3mmで、モニターヘッドは約682×424.1mm、重さは約11.3kgだ。有効画素数約200万画素のカメラも搭載する。

PC等のディスプレイとして使うことはもちろん、単体でAndroidとしても利用できるので、面白い使い方ができそうだ。

発売時期は7月で、いくつかの市場でリリースされる。予想価格は1199米ドル。

【情報元、参考リンク】
Lenovo/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑