バッファロー、ダイバーシティー方式のアンテナを搭載し、音楽や通話が途切れにくいBluetoothヘッドセットを発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
バッファローは19日、ダイバーシティー方式のアンテナを搭載したBluetoothヘッドセットを発売すると発表した。両耳タイプの「BSHSBE27BK」と片耳タイプの「BSHSBE28BK」が発売される。

左から順に「BSHSBE27BK」、「BSHSBE28BK」

両モデルともBluetooth 4.0対応のヘッドセットで、スマートフォンとワイヤレスで接続し、音楽や通話の際に利用することができる。

さらに、両モデルとも音声途切れの原因となる受信不良対策として、Bluetoothヘッドセットとして世界で初めてダイバーシティー方式のアンテナを搭載している。これにより、安定した品質を実現することに成功し、2本のアンテナで途切れの少ないクリアな音質で音楽や通話を利用することができるようになったということだ。

そして、電波強度を規定するBluetooth Classは電波到達距離100m(規格値)で最も強力な「Class 1」に対応している。

ワイヤレス接続が安定している点が大きな魅力といえる。

なお、両耳タイプの「BSHSBE27BK」は通話はもちろんとして音楽再生に適したものとなっており、低遅延コーデックの「aptX」に対応する。また、通話音質を向上させる「HD Voice」にも対応する。

一方の片耳タイプは、ワンタッチでスマートフォンなどとの通信設定ができる「NFC」に対応している。また、こちらもHD Voiceに対応する。

発売時期は10月上旬の予定となっている。

【情報元、参考リンク】
BSHSBE27BK 製品ページ
BSHSBE28BK 製品ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑