ソフトバンク、プリペイド方式のスマートフォン・サービス「プリスマ」を9月6日より提供へ。基本使用料不要

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは29日、スマートフォン向けのプリペイド(前払い)サービス「プリスマ」を9月6日より提供開始すると発表した。さらに、プリスマの提供開始にあわせて、プリペイドUSIMカードをセットにしたプリスマ対応携帯電話を全国のソフトバンク携帯電話取扱店で販売する。

プリスマ対応端末は、無料チャージと、購入日を含む2日間の無料パケット通信が与えられる「無料チャージ付きプリペイドプラン」が適用され、購入直後から利用できるようになっている。

なお、この無料チャージは購入と同時に開始となり、翌日24時に終了する。

同社はこれまでにも基本使用料不要の前払い方式で通話やメールを利用できるプリペイドサービス「プリモバイル」を提供してきたが、今回新たに登場するプリスマでは、通話やメールに加えて、3Gのパケット通信も手軽に利用できる。

パケット通信を利用する際は、利用期間を2日、7日、30日の3プランから選ぶことができる。2日プランは945円、7日プランは2,835円、30日プランは7,350円だ。パケット通信プランを利用中は公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」も利用できる。また、国内通話は全国一律で6秒あたり9円となる。

国際通話やS!メール、SMS(他社向けSMSは不可)も利用可能だ。

プリペイドカードは3,000円と5,000円分が用意され、この金額分利用できる。金額を使い切ったときは、新たにプリペイドカードを登録(リチャージ)することで、同じ番号を継続利用することができる。

利用期間については各プランとも登録時刻を含む日を1日目と数える。また、SMSの送信料とS!メールの送受信料はパケット通信プランに含まれる。なお、月間のパケット通信量が1.2GBを超えた場合、通信速度の制御が実施される場合があるという。さらに、月間のパケット通信量にかかわらず、2日プランは200MB、7日プランは700MB、30日プランは3GBを超えた場合にプラン終了日まで通信速度が制限される。

プリモバイルからプリスマへのサービス変更にも対応してるので、番号やメールアドレスの引き継ぎは可能だ。

プリスマに対応する端末は「LUMIX Phone SoftBank 101P」「PANTONE 5 SoftBank 107SH」(2013年9月6日発売)、「STREAM SoftBank 201HW 3G」(10月下旬以降発売予定)となっている。これらの機種には記事冒頭で記したようにパケット通信の2日プランとチャージ1万円分がついてくる。想定販売価格は101Pと201HWが18,500円、107SHが23,000円。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑