Wi-Fi(無線LAN)搭載SDカードアダプター「CloudFlash」が登場へ。microSDカードを手軽にWi-Fi化できる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
デジナビは21日、Wi-Fi(無線LAN)を内蔵したSDカードアダプター「CloudFlash CLF-WF01」(以下、CloudFlash)を発売する。このCloudFlashはmicroSDカードをフルサイズのSDカードサイズにサイズアップさせるアダプターで、microSDカードを挿入して使用する。

CloudFlash CLF-WF01

CloudFlashが一般的なSDカードアダプターと違うのは、Wi-Fiを内蔵している点だ。これにより、microSDカードをセットしたCloudFlashにはWi-Fi経由でアクセスすることが可能になる。他社製品の「Eye-Fi」カードなどと同じような使い方がmicroSDカードでもできるようになるアダプターだ。

Wi-Fiの規格はIEEE802.11b/g/nで、同時に接続できるWi-Fi機器数は5台までとなっている。

対応するmicroSDカードは、最大で32GBのmicroSDHCカードまでとなっている。

このCloudFlashにセットしたデータへWi-Fi経由でアクセスするためのソフトウェアはWindows PC向け、Android向け、iOS向けが用意されている。AndroidはAndroid 2.2以降、iOSはiOS 5.1以上のOSが対応していて、それぞれGoogle Playストア、App Storeからアプリをダウンロードできる。

なお、同社は東芝製、SANDISK製、パナソニック製のmicroSDカードの使用を推奨している。それ以外のメーカーのカードについては動作しない場合があるということだ。また、Eye-Fiカードなどと同様に、Wi-Fi機能を搭載し、それを使うため、カメラ本体のバッテリーの消費が通常のSDカード使用時に比べて速くなるので、その点には注意したい。

また、対応するデジカメの一覧は下記リンク先のページ内「対応機種」タブより確認できる。

下に掲載したのはAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
デジナビ/CloudFlash CLF-WF01製品紹介ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑