KDDI、セブン−イレブンで国際電話のプリペイドカードを4月1日より販売開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIとセブン−イレブン・ジャパンは28日、国際電話で使えるプリペイドカード「KDDIスーパーワールドカード」や「0055 GoGo Card」にPOSA(Point Of Sales Activation)対応版の3種を追加し、全国のセブン−イレブン約15,000店舗で4月1日より販売開始すると発表した。


POSAはレジでの支払いが完了したときにはじめてプリペイドカードが機能するようになるシステムで、プリペイドカードなどで採用が進みつつある。このシステムに対応すると、店舗側は盗難のリスクがほぼ無くなる利点がある。

レジでの処理をしない限り、カードを盗んだとしても利用できないからだ。

今回新たに販売される3つのカードは「KDDIスーパーワールドカード3000」と「KDDIスーパーワールドカード1000」、そして「0055 GoGo Card 1000」。

「KDDIスーパーワールドカード3000」は国際・国内電話のプリペイドカードで、3,000円で3,450円分の利用ができる。同カードの1000タイプは1,000円で1,150円分が利用できる。「0055 GoGo Card 1000」は日本発の国際電話専用のプリペイドカードで、1,000円で1,000円分が利用可能だ。

なお、今回の新カードの発売にあわせてセブン−イレブンの店頭では「nanacoポイントキャンペーン」も実施される。これら3種のカードをnanacoを利用して購入した場合、nanacoポイントが進呈される。進呈ポイントは下記の通り。

・KDDIスーパーワールドカード1000 (POSA版) ・・・100ポイント (100円分)
・KDDIスーパーワールドカード3000 (POSA版) ・・・600ポイント (600円分)
・0055 GoGoカード1000 (POSA版) ・・・100ポイント (100円分)

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑