ドコモ、Xperia AXへのソフト更新を28日18時より提供へ。東京23区等で再起動する場合がある問題への対処

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Xperia AX
NTTドコモ(以下、ドコモ)は28日18時より、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia AX SO-01E」に対する最新のソフトウェア更新の提供を開始する。

今回提供されるソフトウェア更新は、「特定のエリア環境において、携帯電話(本体)が電源断・再起動する場合がある」という事象の改善を主とするもの。この問題は、東京23区など特定のエリアにおいて、端末が意図せず勝手に再起動してしまう場合がある、という不具合で、発生した場合にはXperia AXユーザーにおいては日常利用に多大な影響を与えるものとなっている。

さらに、今回のソフトウェア更新では、タッチパネルの一部が反応しない場合があるという事象も改善される。また、「Playブックス」アプリが追加インストールされる。

Xperia AXは自動更新機能には非対応なので、ソフトウェア更新はユーザーが手動で導入する必要がある。ホーム画面から「メニュー」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と進め、あとは画面に表示される指示に従って操作していけばいい。

もしくはパソコンを使って導入することも可能だ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/Xperia AX SO-01Eの製品アップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑