富士通、企業・教育機関など向けの7インチタブレット「STYLISTIC(スタイリスティック) M350/CA2」を発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
富士通は3日、企業向けのAndroid(アンドロイド)タブレット「STYLISTIC(スタイリスティック) M350/CA2」を同日に発売したと発表した。ただし、販売開始日は同日ながら出荷時期は2月中旬の予定のため、若干先になる。価格はオープン。

STYLISTIC M350/CA2は企業が営業用に利用する端末として、もしくは店頭でのデジタルカタログの表示などの販売促進用、または学校などの教育機関における電子書籍閲覧用途などを想定して開発されたタブレット。

ハードウェアの基本仕様は一般的な7インチディスプレイのタブレットと同様で、OSはAndroid 2.3、プロセッサはFreescale Semiconductor i.MX 53 (Cortex-A8 @1GHz) 、内蔵メモリは512MB RAM、ストレージ容量は8GB、ディスプレイは7インチ液晶で解像度は1024×600、ネットワークはIEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi(無線LAN)をサポートし、Bluetoothは2.1+EDRに対応する。

また、カメラは有効画素数約500万画素のメインカメラを背面に、約130万画素のものを前面に備える2基構成だ。

外部メモリはmiroSD/microSDHCカードスロットを搭載し、外部接続端子USB 2.0 Host×1、USB 2.0 Device×1、miniHDMI×1となっている。モノラルスピーカーとモノラルマイクも搭載し、連続駆動時間は約6.1時間程度。内蔵バッテリーの取り外しはできない。

さらに、日本語入力においては特に漢字変換を高速・高精度でできる富士通独自の入力方式「NX! input powered by ATOK」を搭載し、テンキー/QWERTY/手書きの中から好みに合わせた方式を選択し、入力できる。

端末のサイズは約120×200×14mmで、重さは約420g。

【情報元、参考リンク】
富士通/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑