サンディスク、Class4対応の32GB microSDHCカードを発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
サンディスクは27日、Class4に対応したmicroSDHCカード 32GBモデルの販売を開始したことを発表した。同社はこれまでにClass4対応のmicroSDHCカードは4GB、8GB、16GBのモデルを発売していたが、ここに32GBの大容量製品が加わる。価格はオープン。保証期間は5年間。

同社はClass4対応32GB製品のリリースにあたり、次のように述べている。

「スマートフォン市場は、アンドロイド携帯端末などの普及を弾みとし、大きな成長を遂げています。スマートフォンは、モバイルオフィス、カメラ、ビデオレコーダー、モバイルインターネットなどの様々な機能を備え、アプリケーションのダウンロードや音楽、高画質写真などのユーザーデータの保存に相当のメモリ容量が必要になっています。32GBのサンディスク microSDHCカードは、即座にメモリを拡張し、大容量メモリを必要とする高機能携帯電話の性能を存分に引き出すことが可能となります」

サンディスクの製品は開発の中で過酷な環境下でのテストが行われ、高い信頼性を誇ることが大きな魅力とされている。今回の製品も次のような環境に耐えられる仕様になっている。
  • 防水性:水深1mの海水または淡水で最大72時間の耐久性を確保(IEC 529 IPX7)
  • 温度耐性:-25℃~85℃の温度で動作する耐久性を確保
  • 衝撃・振動耐性:最大500Gsの衝撃に対する耐久性を確保
  • 衝撃耐性:最大5mから落下しても、5tトラックに轢かれても壊れない
  • X線・磁気耐性:空港のX線検査による影響や磁気によるダメージを受けない
【情報元、参考リンク】
サンディスク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑