Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

NTTドコモ、Xperia(SO-01B)へのAndroid 2.1アップデート提供を11月10日より開始と発表

NTTドコモは4日、Androidスマートフォン「Xperia」(SO-01B)へのソフトウェアバージョンアップを11月10日より提供開始すると発表した。今回のバージョンアップにはOSのアップデートも含まれ、Androidが1.6から2.1へと更新される。これに伴い、ホーム画面の数が3つから5つに拡張、ライブ壁紙のサポートなど、Android 2.1標準の改善機能がいくつか享受できる。

加えて、ウェブブラウザの操作性向上として、ダブルタップした部分をズームイン/ズームアウトできる操作の導入、Bluetoothの対応バージョンが2.0から2.1へ引き上げ、720pのHD動画撮影及びコンティニュアスAFのサポートもある。

さらに全体的なインターフェースの改善点も盛り込まれる。キーロック画面の変更、ホームスクリーン一画面あたりに配置できるアイコン数の増加、Timescapeのタイル表示の改善、通話画面の表示の改善、新しい日本語フォントの採用などだ。

Xperiaにとってはこれまでで最も大きなバージョンアップになり、ユーザー・エクスペリエンスは向上する。特に標準のホームスクリーンから手を加えていなかったユーザーにとっては画面が5つに拡張されるだけでも利便性は上がる。また、他のスマートフォンでは一般的なウェブブラウザでのダブルタップによるズーム処理も、あると無いでは全く違う。720pのHD動画撮影のサポートは、Xperiaのカメラでこれまで以上に動画を撮影しようという気持ちを抱かせてくれるはずだ。

なお、一点大きな注意事項がある。アップデートはネットワーク経由ではなく、パソコン接続による方法での提供となる。告知情報によれば、パソコン接続による方法”のみ”と記されているため、少なくとも当面に関してはパソコンを持たないユーザーはアップデートできない、ということになりそうだ。

バージョンアップ内容

(1) ホーム画面の拡張。最大5画面へ


(2) ライブ壁紙の導入。アニメーションする壁紙を利用可能へ


(3) ブラウザの操作性向上。ダブルタップによるズーム処理の導入


(4) Bluetooth機能の向上。バージョン2.1をサポート。省電力化も実現

(5) 720pのHD動画撮影をサポート


(6) コンティニュアスAFをサポート。動画撮影時に被写体が動いても追随してオートフォーカスが働く


(7) 全体的なインターフェースの改善。キーロック画面の変更、ホーム画面への配置できるアイコンの最大数の変更、Timescapeタイルの表示改善、通話画面の表示の改善、新しい日本語フォントの導入。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/報道発表資料
NTTドコモ/Xperia バージョンアップ詳細
NTTドコモ/Xperia バージョンアップ方法

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件