ケータイ3社が電話番号宛で長文・画像・動画をやり取りできるメッセージサービス「+メッセージ」を5月9日より提供へ。グループメッセージも可能!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI(以下、au)、ソフトバンクは10日、携帯電話番号だけでメッセージをやり取りできる「SMS」(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を5月9日より提供すると発表した。


まずは3社のAndroidスマートフォン/タブレットユーザー向けに提供され、iPhone/iPadについても準備が整い次第提供される予定。Androidに関しては3社がそれぞれアプリを用意し、Android 4.4以降のOSを搭載する機種で利用できる。

アプリはドコモのみ「+メッセージ」専用のアプリを用意するが、auでは既存の「SMS(Cメール)」用のアプリをアップデートして対応させる。ソフトバンクもauと同じく既存アプリの「SoftBankメール」をアップデートして対応する予定。

「+メッセージ」のやり取りはデータ通信で行われるため、各メッセージのデータ量はデータ定額パックから消費される。とはいえ、動画などを頻繁に共有しない限り、データ量の消費はあまり気にしなくていいと思う。

SMSは電話番号さえ知っていればメッセージを送ることができるので、仕事関係などでも意外と使っている方が多いと思うが、送信できる文字数が少ないことが大きなネック。最大で全角70文字という制限は厳しく、送信時に文章を何度も修正することもあると思う。とはいえ、ちょっとした連絡でしか使わないと思うので、実際に不便さを感じる機会は少ないかもしれない。

しかし、今回新たに登場する「+メッセージ」では、SMSが抱えるネックをほぼ全て解消している。

文字は最大で全角2,730文字まで送ることができる上、写真(画像)や動画、音声メッセージのやり取りもできる。やり取りはチャット形式なので、現在のスマートフォンでのSMSや「LINE」の「トーク」などと同じスタイルで馴染深く、すぐに慣れそうだ。

また、LINEのようなスタンプや、複数人での同時コミュニケーションすなわちグループメッセージも利用できる。

イメージとしてはLINEのトークをSMSのように電話番号宛で行えるというもの。

まずはドコモ、au、ソフトバンクのユーザーのみが利用でき、3キャリア間での送受信もできる。格安SIM/格安スマホなどと呼ばれることも多いMVNOに関しては、導入希望に応じて検討していくという。基本的には「+メッセージ」の普及を目指し、MVNOにも広く解放する方針のようだ。

なお、既存のSMSも継続提供される。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑