ワイモバイルがAndroidに精通した店舗スタッフ「Android Ambassador」を600人に拡大!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は30日、「ワイモバイル」の通信サービスを取り扱う店舗で接客を行う、Android及びAndroid端末上でのGoogleのサービスに精通したスタッフ「Android Ambassador(アンドロイド アンバサダー)」の数を2018年3月末までに600人に拡大すると発表した。


Android Ambassadorは、Googleが提供するAndroid Ambassadorプログラムのトレーニングを修了したスタッフのみが名乗れるもので、今年の2月に首都圏で約60人からスタートし、現在は約350人が全国のワイモバイルショップや家電量販店で活躍している。

そして今後も拡大を続け、スタートから約1年となる2018年3月末までに600人規模にする予定。

Android Ambassadorは、ユーザーのニーズに合ったAndroidスマートフォンの使い方を提案するなど、これまで以上にきめ細かな接客を行えるようになる、としている。

いずれにしてもワイモバイルは「iPhone 6s」や「iPhone SE」を取り扱ってはいても、「Android One」シリーズを中心とするスマートフォンラインナップを構成しているため、Androidユーザーが多い。それだけにスタッフ側にも専門知識を持つ人が増えるというのは、ユーザーにとっても心強く、喜ばしい環境だ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑