ソフトバンク、下り最大612Mbps対応ルーター「Pocket WiFi 601HW」を3月17日発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは9日、「ソフトバンク」ブランドの通信サービス向けの新製品としてモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」(ファーウェイ製)を17日に発売すると発表した。601HWは、「ワイモバイル(Y!mobile)」ブランドでも「Pocket WiFi 603HW」として取り扱われていて、2月に発売となっている。今回はソフトバンクブランドからのリリース。


601HW最大の特徴は何と言ってもAXGP網で下り最大612Mbpsに対応すること。「キャリアアグリゲーション」と「4x4 MIMO」「256QAM」といった技術で実現している。

上りは最大37.5Mbps対応。


また、LTEの対応バンドは1/3/8/11/41/42(42はTDD-LTE、それ以外はFDD-LTE)。ただし、それは国内での話で、海外では1/2/3/4/8/11/12/17/25/26/41に対応する。また、国内の3Gには非対応だが、海外の3Gにはバンド1/2/4/8で対応している。

通信性能以外の面では、約5秒でのクイック起動、省電力性能の良さ、2.4インチのタッチ操作対応液晶搭載、本体サイズ約109.9×65.1×15.5mm、重さ約135gなどが特徴。

バッテリー容量は2,400mAhで、背面カバーを外して自分でバッテリーを交換することもできる。


Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)準拠で、最大で14台までのWi-Fi機器を同時接続できる。外部入出力端子はUSB 3.0 Type-Cだ。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色で、背面パネルの表面処理はカラーで異なる。ホワイトモデルも背面はつや消しホワイトだが、ブラックモデルはよりマットな質感に仕上げられている。


601HWの詳細はこちらの記事で紹介しているので、関心がある方はチェックしてみてほしい。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
Y!mobileオンラインストア/Pocket WiFi 603HW製品ページ
ソフトバンク/プレスリリース

※記事内の写真はY!mobile向けの603HW。
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑