総合ナビアプリNAVITIMEでポイント制導入。一駅前から歩いてポイントゲット!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ナビタイムジャパンは12日、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」においてプレミアムコース会員を対象とするポイント制度「ナビタイムマイレージ」を13日より提供すると発表した。NAVITIMEに関しては同日KDDIも「auカーナビ」「au助手席ナビ」、そして「auナビウォーク」でポイント制を導入することを発表(こちらの記事参照)しているが、同種の施策が本家サービスにも導入されることになる(※一部昨年から導入済み)。


この「ナビタイムマイレージ」は、いくつかの機能を利用することで貯まるようになっている。例えば、「ひと駅歩こう」では、NAVITIMEで定期券区間を登録し、端末のGPSとモーション設定をオンにした状態で、登録された降車駅の一駅前で降りて歩いて目的地へ向かうとポイントが付与される。

対象となる時間帯は月曜日から金曜日の平日朝7時から10時まで。

同じことはauサービスでも可能で、マイレージが貯まり、それを「WALLET ポイント」に交換できるようになっている。一方、NAVITIMEでは、貯まったマイレージは9月以降に外部企業と連携し、連携企業が運営するポイントと交換できるようにする予定。具体的には、昨年からカーナビアプリに先行導入している「ナビタイムマイレージ」のポイント交換先として連携しているジー・プランの「Gポイント」が予定されている。

実は今述べたように昨年8月からカーナビアプリ「カーナビタイム」「NAVITIME ドライブサポーター」において、走行距離に応じてポイントが貯まる「ナビタイムマイレージ」が提供されている。渋滞を回避すると多くのポイントが貯まるため、渋滞回避を促す仕組みとなっている。

なお、NAVITIMEで付与されるポイントは下記の通り。
  • 「ナビタイムマイレージ」利用登録:30ポイント(初回登録時のみ)
  • 「ひと駅歩こう」:5ポイント/回(1日1回まで)
  • 「電車混雑リポート」投稿:1ポイント/回(1日1回まで)
  • 「鉄道運行情報メール」利用登録:30ポイント(初回登録時のみ)

「電車混雑リポート」は、全国の路線や駅の混雑状況、運行状況をユーザーが投稿したり確認できる機能で、混雑状況は「座れる」「身動き不可能」等で投稿し、運行状況は「平常運転」「遅延」「運休/見合わせ」等で投稿するようになっている。

【情報元、参考リンク】
ナビタイムジャパン/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑