バッファロー、ビームフォーミング及び11ac(2x2)対応小型Wi-Fiルーター「WCR-1166DS」を発表。最大866Mbps

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
バッファローは6日、「IEEE802.11ac」(以下、11ac)及び高速化技術「ビームフォーミング」に対応したWi-Fiルーター「WCR-1166DS」を5月上旬に発売すると発表した。2x2対応で、Wi-Fi接続時の理論的最大速度は866Mbpsだ。

<▲図:WCE-1166DS。実は小型で約10.9×11×5cm>

このルーターの大きな特徴は、11ac(2x2)対応で最大866Mbpsでの通信ができることと、ビームフォーミングに対応していること。

ビームフォーミングは相手側の機器も対応していないと効果を得られないが、Androidスマートフォンの一部機種やiPhone、Macbookシリーズなどが対応している。それらの機種では特別な設定不要で、高速化かつ安定したWi-Fi通信を行うことができる。

ビームフォーミングは通信相手の機器の位置や動きを察知し、狙いを定めて最適な電波の束(ビーム)を形成する技術。

また、ボディサイズが小さいことも大きな特徴だ。約109×110×50mmで、重さは約139g。価格は5,500円。

11acのほか、IEEE802.11a/b/g/nにも対応している。

<▲図:有線LANポートもあるので、デスクトップPCやテレビなどを有線で繋いでもいい>

【情報元、参考リンク】
Amazon/WCR-1166DS検索ページ
バッファロー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑