ドコモ、天気予報に基づいてグリーン基地局の電力を自動制御する技術の実験に成功

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は28日、グリーン基地局が利用する電力を天気予報の情報を基に自動で制御する技術「天気予報連動型リチウムイオン電池制御」の実証実験に成功したと発表した。

<▲図:「天気予報連動型リチウムイオン電池制御」のイメージ>

これまで、グリーン基地局で使うリチウムイオン電池は、停電時の通信確保用(バックアップ容量)と、ソーラー発電による通常時の充放電用(サイクル容量)の2つの構成で使用されていて、停電時には24時間程度のバックアップ容量を確保するためにバックアップ容量の比率を80%に固定して運用してきたという。

そのバックアップ容量とサイクル容量の比率を80%などに固定することなく、天気予報の情報を基に、柔軟に変更して自動運用する技術が今回実験されたものだ。

この技術は2つのモードから構成される。

「日照制御モード」と「自立・復活運転モード」で、前者は、午後6時の時点でバックアップ容量の比率を翌日のソーラー発電量の推計に応じて、80%の固定ではなく、40-80%の間で柔軟に自動運用することで、サイクル容量の充放電の損失を最小限にする。後者は、台風や大雨などの災害が予報される際、バックアップ容量の比率を100%に引き上げ、停電時の商用電力の喪失において、ソーラー発電と蓄電池による長時間の自立運転とソーラー発電のみの復活運転を実現する。

この技術の実証実験では、従来のグリーン基地局の状態と比べ、「日照制御モード」では商用電力を10%削減することに成功し、「自立・復活運転モード」では、停電時に2倍以上の約63時間の運転が可能になることが確認されたという。

<▲図:グリーン基地局の設置場所>

<▲図:グリーン基地局の一例(左が北海道、右が群馬県)>

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑