キヤノンから約11cmのミニプロジェクター C-10Wが登場へ。Wi-Fi内蔵でワイヤレス接続可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
キヤノンマーケティングジャパンは21日、Wi-Fi(無線LAN)機能を内蔵し、ワイヤレスで映像を受信し、投影することができる小型軽量のプロジェクター「ミニプロジェクター C-10W」を2月上旬に発売すると発表した。

ミニプロジェクター C-10W

カラーバリエーションはシルバーとディープブルーで、価格はオープンだが、想定実売価格は税抜で49,800円と見られる。

小型軽量のプロジェクターは各社からリリースされているが、C-10Wはボディサイズが約111×111×17.2mm、重さ約260gと、小型で軽い。バッテリーを内蔵し、最長で「節電モード」時に約2時間の駆動が可能となっている。「標準モード」でも約1.5時間の駆動が可能だ。

光源はLEDで、寿命はおよそ10,000時間。明るさは標準モード設定時が100ルーメンで、節電モード時で60ルーメン。筆者もプロジェクターは自宅で利用しているが、100ルーメンや60ルーメンというのは据え置き型のプロジェクターと比べるとかなり暗いものの、部屋を暗くしたり、夜であれば問題なく視聴できるレベルではある。そのため、小型軽量プロジェクターとしては実用上特に問題にならないだろう。コントラスト比は400対1で、出力解像度は854×480ドットだ。

Wi-Fiを搭載しているので、パソコンやスマートフォン、タブレットなどから映像をワイヤレスで入力してもいいし、HDMI入力端子を使ってケーブルで繋いでもいい。HDMI端子はMHLに対応しているので、MHLに対応したスマートフォンとのケーブル接続も可能だ。

接続例(*クリックして拡大)

一応スピーカーも内蔵しているので、音もC-10Wで聴くことができる。オーディオ端子も付いているのでヘッドフォンやイヤフォンを接続することも可能だ。ただし、スピーカーは0.7Wが2つと、出力に乏しいので映画やドラマ、アニメなどを視聴するには物足りない。その場合は音は他のスピーカーを使ったり、オーディオ端子を使った方がいいだろう。とはいえ、モバイル用途をメインとしたプロジェクターなので、そもそもこれで十分だろう。

少し残念なのは台形補正機能がないことだが、これもボディが小型なので、正面に適切な角度で設置すればいいだけの話だろう。

投影サイズは約1mの距離で31インチで、投影可能距離は0.3から5mとなっている。

【情報元、参考リンク】
キヤノン/ミニプロジェクター C-10W製品ページ
Amazon/ミニプロジェクター C-10W
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑