ねこあつめの仮面ライダー版「仮面ライダーあつめ」が2016年1月14日に先行配信開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東映は21日、ヒットポイントの人気癒し系ゲーム「ねこあつめ」のシステムをベースに仮面ライダーの活躍が楽しめる異色のカジュアルゲーム「仮面ライダーあつめ」を2016年1月14日よりNTTドコモの「スゴ得コンテンツ」で先行配信すると発表した。


開発はコトブキソリューション(KEMCO)とヒットポイントが手がける。一言で言えばねこあつめの仮面ライダーバージョンとなるゲームアプリだ。

先行配信に先駆けてゲームのプレイ画面が公開されているが、「異色」というか、「ちょっと怖い」。フィールドに配置したアイテムで遊ぶ子供達と、いたずらを仕掛けるショッカーが写っているが、ショッカーの目がちょっと怖い。


そして下の方に目を向けると仮面ライダー1号が現れている。

このゲームでは設置するアイテムや正義の心の種類に応じて、様々な仮面ライダーが登場する。仮面ライダーもシリーズを重ねる中で数え切れないほど多くのライダーが登場しているので、自分が好きなライダーが来てくれるよう、色々なアイテムを設置してみよう。

ちなみに公式ではショッカー達の「可愛い動きにも注目です」と紹介されているので、もしかしたら、何らかの可愛らしい動きをするのかもしれない。

なお、NTTドコモのスゴ得コンテンツというのはスマートフォン向けの定額制のサービスで、月額380円(税抜)。最初の31日間は無料だ。定額でコンテンツが使い放題、というサービスなので、使いたい有料アプリがラインナップされている場合などにお得のサービスとなっている。

また、今回の先行配信はAndroid版のみ。一般向けの配信は来春になる予定で、その時にはAndroid版に加えてiOS版もリリースされる。

【情報元、参考リンク】
東映/プレスリリース
仮面ライダー&スーパー戦隊 for スゴ得
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑