ドコモ、4K解像度のディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium SO-03H」を11月20日発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は17日、世界で初めて4K解像度のディスプレイを採用したスマートフォン「Xperia Z5 Premium SO-03H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を20日に発売すると発表した。

Xperia Z5 Premiumのカラーは2色。もはや鏡といっていい背面デザインのChromeと漆黒のBlack。

Xperia Z5 Premiumは「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」に続いて登場するXperia Z5シリーズ3つ目の機種で、4Kディスプレイやミラーのような背面デザインなど、最も尖った特徴を持つスマートフォンになる。

Xperia Z5シリーズ3機種を揃えるのはドコモだけで、その中でも最高のスペックを持つXperia Z5 Premiumはこの冬のラインナップで最も注目度が高いものと言ってもいいだろう。Xperia Z5とXperia Z5 Compactはマットな質感のフロストガラスを採用したことで背面デザインは大人しいものとなっているが、Xperia Z5 Premiumは良くも悪くも派手なデザインだ。

カラーバリエーションはChromeとBlackの2色で、Chromeはまるでミラーのような背面をしており、Blackモデルも深い漆黒で、さらに光沢仕上げのガラスによって美しい見た目を実現している。

電源キーに指紋認証センサーを搭載するのはXperia Z5 Premiumも同じで、スリープ解除から指紋認証によるロック解除までをスムースに瞬時に行うことが可能となっている。

ディスプレイのサイズは約5.5インチで、解像度は4K、すなわち2,160×3,840ドット。非常に精細な表示が可能なディスプレイなので、4K解像度で撮影した動画の視聴や、高解像度の写真の表示に最適だ。

標準のアルバムアプリでは低解像度の写真のアップスケーリングも行われる

それ以外の主なスペックはXperia Z5シリーズ共通で、OSはAndroid 5.1、プロセッサはQualcomm MSM8994オクタコア(2GHz+1.5GHz)、メモリは3GB RAM、32GB ROM、外部メモリのmicroSDカードスロットは最大200GBのmicroSDXCまで対応、バッテリー容量は3,430mAh、メインカメラは約2,300万画素、サブカメラは約510万画素。それ以外では、防水・防塵対応、ワンセグ/フルセグ、ハイレゾ対応など。

本体サイズは約154×76×7.8mm、重さ約181g。

サイズはそれなりに大きいが、画面もその分大きく、動画視聴などでは迫力がある

実際に手に取るとやはりそれなりに大きいので、片手での操作にはやや難があるといったところだが、画面が大きく精細なので、動画視聴やWebサイトの閲覧、写真の閲覧などには向き、小型タブレット代わりにもなる。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Xperia Z5 Premium製品ページ
Xperia Z5 Premium取材レポート記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑