ソフトバンク、コンテンツやショッピングの代金を携帯料金と一緒に払える「まとめて支払い」の利用可能額を一部増額。12歳未満で月2000円、20歳未満で月2万円まで

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは「SoftBank」ブランドのスマートフォンなどを使って購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金を、毎月の携帯電話の利用料金と一緒に支払える決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」について、20日より利用可能額を一部増額する。

まず、満12歳未満の方は、従来の毎月最大1,000円から最大2,000円に引き上げられる。そして、契約期間が3ヶ月以上の満20歳未満の方は、毎月最大10,000円から、毎月最大20,000円になる。どちらも従来の2倍だ。

契約期間が3ヶ月未満の方は変更なしで、毎月最大5,000円。20歳以上の場合も変更なし。

また、MNP(他社からの乗換)の方も同様に、満12歳未満が毎月最大2,000円、満20歳未満が毎月最大20,000円となる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑