Google、モバイル通信サービス「Project Fi」を提供開始へ。複数の通信会社の回線とWi-Fiスポットをまたぎ、シームレスに利用可能。期間縛りなし、世界120カ国で同価格でデータ通信可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleが独自のモバイル通信サービス「Project Fi」を提供開始すると発表した。このサービスはGoogleが通信会社のように独自にモバイル通信サービス用に基地局などのインフラを用意する、というものではなく、既存の通信会社と連携して提供するサービスとなる。


具体的には米通信会社のSprint、T-Mobileと連携し、Project Fiのユーザーは両社の回線網を両方利用することができる。加えて、公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)も利用可能となっている。Project Fiでは、SprintとT-Mobile、Wi-Fi、いずれかの回線の中からより良い通信速度が得られるものを自動的に選択し、シームレスに切り替えつつ利用できる点が大きな特徴。

Wi-Fiに関してもGoogleのゲートウェイを通っての通信となるため、セキュリティも確保できる、としている。

Sprint、T-MobileのモバイルネットワークとWi-Fi、どのネットワークに接続中でも回線を気にせずに音声通話、SMS、データ通信などが可能となっている。

料金は基本プランの「The Fi Basic」の料金が月額20ドルで、そこには米国における無制限の音声通話とSMS、国際SMSが含まれている。データ通信は1GBあたり10ドルで好きなデータ量を選べる。余った分は翌月に1ドル単位で繰り越すことができる。契約期間の縛りはない。

さらに、世界120カ国以上のネットワークに対応し、同じ値段、すなわち1GBあたり10ドルでデータ通信を利用することができる。ただし、米国外では3G回線で速度は最大256kbpsでの利用となる。

また、Google ハングアウトに対応したタブレットやPCでも同じ番号の着信やメッセージの確認等が可能だ。

現在のところ、対応端末はNexus 6のみ。また、招待制での提供から始まり、現在は招待の受付が行われていて、ページ右上の「REQUEST INVITE」から申込ができる(※米国限定)。



【情報元、参考リンク】
Project Fi
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑