ソニー、Sony TabletにAndroid 4.0.3へのアップデートを4月下旬より提供へ。さらにBDレコーダーとの連携によるテレビ視聴も可能に

RECOPLAの画面イメージ
ソニーは22日、Android(アンドロイド)タブレット「Sony Tablet(ソニータブレット)」シリーズの端末に対する最新のシステムソフトウェアアップデートを4月下旬より提供すると発表した。今回用意されたアップデートはAndroid OSのバージョンが4.0.3にバージョンアップされることに加え、ブルーレイディスクレコーダー(BDレコーダー)との連携機能などが盛り込まれた大きなものとなっている。

まず、すぐに分かる変化として、Android 4.0.3へバージョンアップされることで、UIが変わる。Android 4.0のUIはAndroid 3.x系のデザイン・コンセプトが踏襲されているため、見た目から受ける印象には大きな違いはない。しかし、メニュー、使い方は若干異なるので、多少の慣れは必要になってくる。

もちろん、Android 4.0ならではの機能も利用できるようになる。

例えばロック解除画面からすぐにカメラを起動したり、「ギャラリー」アプリから画像のカンタンな編集ができるようになったり、写真・動画周りの機能がいくつか向上する。パノラマ写真の撮影も可能だ。

そしてSony Tablet独自の機能実装もある。

今回のソフトウェアアップデートを導入することで、ソニー製のBDレコーダーで録画した番組や放送中の番組を家庭内ネットワークを介してSony Tablet上で視聴することができるようになる。この機能を利用するためのアプリ「RECOPLA(レコプラ)」も4月下旬にリリースされる。

RECOPLAでは、テレビ番組の視聴が可能になるほか、複数のソニー製BDレコーダーに録画された番組の一括管理のほか、多彩なカテゴリー分類機能は並べ替え機能などを利用した番組検索性の良さが提供される。

ほかにも「スモールアプリ」機能が追加される。

何らかのアプリを起動中でも、ブラウザ、計算機、リモコン機能のいずれかを小画面で表示することができるようになる(下図参照)。




【情報元、参考リンク】
ソニー/プレスリリース
Twitterでのリツイート
コメント: 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑