NTTドコモ、Xi対応スマートフォン4機種とタブレット2機種を今年の秋・冬に投入と改めて明言

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ 2011年度 第1四半期決算説明会資料より
NTTドコモは29日、2011年度第1四半期(4月~6月)の決算説明会を開催した。その中で同社は昨年末からサービス提供を開始した次世代通信サービス「Xi(クロッシィ)」の今後の計画を明らかにした。

Xiは昨年12月24日にUSB接続型のデータ通信端末L-02Cが発売になり、その後はExpressCard型のデータ通信端末F-06C、モバイルWi-FiルーターL-09Cが投入され、現在のところ市場にはXiを利用できる端末は3機種ある。

さらに今夏8月以降には昨年の人気モバイルWi-Fiルーター「BF-01B」の後継機種である「BF-01C」がリリースされる。BF-01Cの投入を機に回線契約数は大きく伸びることが予想されるものの、やはり気になるのはXi対応スマートフォンやタブレットなどだろう。

Xiの契約者数は今年3月の時点で約2万6千、6月に12万1千という伸びを示しており、2011年度内に100万契約に達することを目指している。その目標達成にも対応スマートフォンの登場は欠かせない。

そこで同社、代表取締役社長、山田隆持氏は説明会の中で今年の秋にXi対応タブレットを2機種、冬に対応スマートフォンを4機種投入する計画だと明らかにした。このことは7月上旬に行われた大手新聞各紙のインタビューの時点で公にされていたものだが、今回改めて明言された格好となる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/2011年度 第1四半期決算説明会資料(PDF)
GAPSIS/コモ、秋にXi対応タブレット2機種、冬にXi対応スマートフォンを4機種投入へ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑