Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ソフトバンクが3Gの終了を延期。1月末から4月15日へ延期

ソフトバンクは17日、3Gサービスの終了予定を延期することを明らかにした。当初、ソフトバンクは携帯電話サービス(ワイモバイルも含む)における3Gサービスの提供を1月31日をもって終了すると案内していたが、能登半島地震の被災者が3Gサービスの解約や4G/5Gサービスへの移行手続きなどを行うことが困難である状況を踏まえ、3Gサービスの終了予定を変更することを決めた。

<▲画像:ソフトバンク>


この措置は能登半島地震の被災地域のみならず全国すべてのユーザーを対象としたものであるため、現在ソフトバンクの3Gサービスを利用中で、月内に4G/5Gサービスへの移行などを検討していた方は、もう少しだけ余裕ができることになる。

ひとまず同社は3Gサービスの終了日を当初予定の1月31日から4月15日へと延期する。

ただし、被災地の状況を踏まえ、さらに延期する可能性もあるようだ。今後、再び延期となる場合は、改めて案内するという。

なお、注意したいのは特に手続きをせずに2月1日での自動解約を待っていた方。今回の延期措置によって3Gサービスが約2カ月半継続提供されるため、2月1日以降の料金が発生する。

そのため既に解約の意志がある方は面倒でも解約手続きを行っておいた方が余計に料金を支払わずに済むので、忘れずに行っておこう。現在の状況では、自動解約は4月16日の予定だが、前述したように3Gサービスの終了が再度延期する場合には自動解約日も延びるので注意が必要。

また、4G/5Gサービスへの移行や機種変更については各種支援キャンペーンがあるので、コスト負担を最小限に抑えての変更も可能だ。

情報元、参考リンク
ソフトバンク/プレスリリース
ソフトバンクオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア
LINEMO公式サイト

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件