Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

シャオミ、ワイヤレスイヤホン「Redmi Buds 3 Pro」を10月21日に日本で予約販売開始へ

Xiaomi Japan(シャオミ)は18日、ワイヤレスイヤホン「Redmi Buds 3 Pro」を日本市場で発売することを明らかにした。シャオミは、21日(木)15時よりAndroidスマートフォン「Xiaomi 11T」「Xiaomi 11T Pro」、Androidタブレット「Xiaomi Pad 5」の日本市場での発売日や価格等の詳細を発表予定だが、それら3機種に加えて投入する製品の存在も告知していた。

<▲図:カラーバリエーションはグレイシャーグレーとグラファイトブラックの2色>

そしてその製品の答えを21日ではなく、18日に先行公開することも明かしていたが、実際に18日に発表された。その追加製品はワイヤレスイヤホンRedmi Buds 3 Proだ。


結果、少なくとも下記の4製品が日本市場に投入されることが決まったことになる。

  • Xiaomi 11T
  • Xiaomi 11T Pro
  • Xiaomi Pad 5
  • Redmi Buds 3 Pro

しかも、Redmi Buds 3 Proの予約販売は21日に早くも始まる。

Redmi Buds 3 Proは、コストパフォーマンスに優れるワイヤレスイヤホンで、価格は5,000円前後ではないかと推測される。一般的な完全ワイヤレスイヤホンと同様に、イヤホン本体にバッテリーを内蔵している他、専用ケース内にもバッテリーが搭載されていて、ケースに収納した状態でイヤホン本体のバッテリーを充電できる。

イヤホン本体内蔵バッテリーだけだと約6時間の連続使用、ケースでの充電を含めれば最大で約28時間まで使用できる。

<▲図:IPX4相当の生活防水対応、イヤーチップは3サイズ同梱>

生活防水にも対応し、イヤーチップも3サイズ用意される。

安価な点は特徴の一つだが、今や5,000円を切るワイヤレスイヤホンは複数選択肢がある。むしろ、Redmi Buds 3 Proの最大の特徴は、安価な製品ながら、中位クラスの製品が備えるような機能を搭載している点だろう。その一つがアクティブノイズキャンセリング機能で、最大で35dBまでのノイズ除去が可能だとされている。

ノイズキャンセリングはリアルタイムで行うものだが、AIが環境音を判断し、適切なノイズキャンセリングを行う。マイクは左右のイヤホンそれぞれに3つずつ搭載され、例えば音声通話に関しても背景の環境音を減らし、クリアな通話が可能だという。

<▲図:ノイズキャンセリング機能について>

Bluetoothは5.2。タッチ操作にも対応している。

超高性能という訳ではなくとも、手頃な価格でそれなりの機能を搭載しているため、日常用途にはとても向いた製品だといえそうだ。

<▲図:イヤホン外面がタッチ操作対応>

現時点では4つの製品の投入が判明した状態だが、まだサプライズの可能性は否定できないので、21日15時の発表を待ちたいところ。また、Redmi Buds 3 Proの販売チャネルも気になる。格安SIM各社の取扱いも21日には判明するかもしれないし、事業者によってはキャンペーンでRedmi Buds 3 Proが貰えるといったこともあるかもしれないし、様々な展開に期待したい。

情報元、参考リンク
Xiaomi Global/Redmi Buds 3 Pro製品ページ(英語)
Xiaomi Japan
Xiaomi Japan公式Twitterアカウント
Xiaomi公式Twitterアカウント
mi.comストア
OCN モバイル ONE公式サイト
BIGLOBEモバイル公式サイト
IIJmio公式サイト

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件