山形新幹線、秋田新幹線のトンネル内の携帯電話エリア整備が進展。7月8日より利用可能エリア拡大

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、ソフトバンクは25日、山形新幹線の「庭坂駅~赤岩駅」間と、秋田新幹線「赤渕駅~田沢湖駅」間のトンネル内で、7月8日より携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。


今回の携帯電話サービスのエリア整備完了をもって秋田新幹線に関しては全区間のトンネル内での整備が終わったことになり、秋田新幹線ではいずれのトンネルに入っても携帯電話サービスを利用できる環境が整ったことになる。

一方、山形新幹線については福島駅と庭坂駅間に関してはエリア整備完了済みだが、赤岩駅から新庄駅までの間は現在も対策中とされていて、今後のサービス化ということになる。今しばらく待つ必要がある。

なお、ソフトバンクに関してはワイモバイルも対象となっているので、通信サービスでいえばドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの通信が可能になったということになる。もちろん、各社の回線を使った格安SIM/格安スマホサービスも同様に利用可能だ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑