ヤマダ電機がAndroid 7.0スマホ6機種を発売。最安9980円から。2年保証付き

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤマダ電機は28日、Android 7.0を搭載したSIMフリーのスマートフォン「EveryPhone」シリーズ6機種を全国のヤマダ電機グループ各店及び公式通販サイトのヤマダウェブコムで発売した。


最も安価な機種は「EveryPhone EN」で店頭価格は9,980円。一方、最も高い機種は「EveryPhone DX」で49,800円だ。いずれの機種も保証期間が2年間というのもEveryPhoneシリーズの特徴の一つとなる。

また、発売記念キャンペーンとしてEvery Phone用の液晶保護フィルム(900円相当)がプレゼントされるので、さらにお得だ。

さて、そのEveryPhoneシリーズだが、各機種の主なスペックは下表の通りだ(※クリックすると拡大)。

<▲表:ラインナップ(※クリックして拡大)>

低価格の3機種がMediaTekのクアッドコアCPU「MTK6737」、2GBメモリ、16GBストレージ、そしてディスプレイの解像度がHD(1,280×720)という共通の特徴を持ち、高価な3機種はオクタコアの「MTK6750T」、4GBメモリ、64GBストレージ、フルHDディスプレイという特徴がある。

ディスプレイのサイズはEveryPhone ENが5インチ、ACが6インチ、MEが5インチ、PQ/HG/DXが5.5インチ。DXのみIGZO液晶を採用している。

スペックに関しては意外と価格とのバランスも悪くなく魅力的に見えるだけに今後のセールスにも注目かもしれない。あとはスペックだけでは分からない体感的なパフォーマンスや使い勝手だが、それは実機をチェックしてから再びご紹介できればと思う。

【情報元、参考リンク】
EveryPhone製品ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑