グーグルが12月14日-16日に六本木ヒルズで「trees for everyone by Android」と題したイルミネーション企画を実施

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Google(グーグル)は7日、12月14日から16日までの3日間、六本木ヒルズアリーナにおいて、イルミネーション企画「trees for everyone by Android」を開催すると発表した。このイベントは一般ユーザーが誰でも参加できる企画なので、近くに行く機会がある方は立ち寄ってみよう。


色や形、サイズがそれぞれ異なる600台のAndroidスマートフォンが12本の木を彩り、人種や性別、年齢、職業、趣味などの違いを飛び越えて、人と人が繋がることの素晴らしさを光と音と映像で表現するという。

600台のAndroidスマートフォンを駆使した映像の演出は辻川幸一郎氏が手掛け、音楽はコーネリアスこと小山田圭吾氏が担当。そして、空間設計は建築ユニット「トラフ建築設計事務所」が担当し、石巻工房がつくる美しい木の椅子を組み合わせて作られている。

会場内に設置された写真ブースで撮影すると、600台のAndroidスマートフォンのうちの1台に写真が表示され、森を埋め尽くす雪の結晶を作り上げる、という楽しみもあり、来場者一人一人が楽しめる。

また、会場には最新のAndroidスマートフォンも用意されるので、最新機種を体験することも可能だ。



【情報元、参考リンク】
Google Japan Blog/12月14日〜16日に「trees for everyone by Android」 を六本木ヒルズで開催します
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑