楽天の共通ポイント「Rポイントカード」が楽天グループのアプリで利用可能に。まずは楽天Edyアプリでバーコード表示が可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
楽天は27日、楽天グループの共通ポイントサービス「Rポイントカード」を利用できる機能を、楽天Edyが提供する電子マネー「楽天Edy」のAndroid版アプリに追加したと発表した。

楽天Edyアプリの画面イメージ

これによって、ユーザーは楽天Edyアプリを通じてRポイントカードの加盟店等で「楽天スーパーポイント」をこれまで以上に手軽に利用できるようになる。

そもそも、Rポイントカードは加盟店等での買い物やサービス利用時に、専用カードに記載されたバーコードまたはスマートフォン用アプリに表示されるバーコードを提示して、リーダーで読み取ることで、楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりすることができるサービス。

今回、楽天Edyアプリ内にRポイントカード専用アプリと同様のバーコード表示機能が追加されたので、楽天EdyアプリでもRポイントサービスを使えるようになった。

ユーザーは楽天Edyアプリでの支払いの際にRポイントカードのバーコード画面を提示することで、楽天スーパーポイントを貯めることができる。

また、このRポイントサービスのバーコード表示機能は8月中旬以降、「楽天市場」「楽天カード」「楽天PointClub」など、楽天グループの他のアプリにも順次搭載される予定となっている。

今回、楽天EdyへのRポイントカードのバーコード表示機能が搭載されたことを記念し、100万ポイント山分けキャンペーンや抽選で5,000名に楽天スーパーポイントがプレゼントされるキャンペーンが開始されている。

【情報元、参考リンク】
楽天Edyアプリ(Android版)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑